タグ:アクリル画 ( 6 ) タグの人気記事

Mへのオマージュ

Mへのオマージュ

ミケランジェロへのオマージュ

来年の太平洋展に出す絵を描きました。
まず、額を作るのが、大変でした。
先週も友達に木材を買いに付いて行ってもらったり、当たりを付けるため、接着剤で、絵と額をくっつけるのを手伝ってもらいました。
今日はちょうど工事屋さんが来る日でした。電動ドライバーを貸してもらう約束をしていました。
いざしようとなると、太い釘を買っていたので、私の力ではムリでした。私の様子を見かねて、工事屋さんが額を作って下さいました。感謝です。
近所の友達も来てくれてテープを貼るのを手伝ってくれました。
午後から、絵を描き、一応、仕上げました。

Mへのオマージュ シリーズ、それぞれ50号を三枚くっつけて、裏に一枚、板を付け、枠を作りました。
黒いフチは黒テープです。
上下の板は9cmにし、横の板は3cmにしてあります。
横長なので、板を上下は広幅にして、縦に少しでも長くしようと思ったからです。テープを貼った残りの部分は赤で塗りました。
ガンバリました(^^)

Mへのオマージュ_e0233674_23441509.jpg


Mへのオマージュ_e0233674_23223806.jpg

Mへのオマージュ_e0233674_23232687.jpg

左から順番に並べました。

Mへのオマージュ_e0233674_23294065.jpg

Mへのオマージュ_e0233674_23330753.jpg

Mへのオマージュ_e0233674_23331229.jpg






















by natsumeakemi | 2019-12-09 23:08 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

135. Fantasy

この絵は少女が、遊園地で、メリーゴーランドに乗って、そのまま、空へ飛んでいく夢の世界を表した作品です。
童話を描くのは想像力が必要で、難しいですが、子供達のために、描きました。
「Fantasy」
135. Fantasy_e0233674_19402514.jpg
(10号・アクリル画)

この作品はペンで描き、水彩とパステルで、描きました。
妖精たちの世界を想像して描きました。
「収穫」(10号)
135. Fantasy_e0233674_1946482.jpg

部分図です。
135. Fantasy_e0233674_19571320.jpg

by natsumeakemi | 2011-07-22 19:50 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

108.三輪のバラ

82.で紹介したTシャツに描いたバラが評判がよかったので、手芸屋さんに行って、
布専用のアクリル絵の具を買って来ました。
108.三輪のバラ_e0233674_974142.jpg

上の絵の具を使って、家にあった白いTシャツにバラを適当に描きました。
108.三輪のバラ_e0233674_985533.jpg

水彩と違いニュアンスが伝わりません。が、着て見ると、思ったよりもよかったです。
でも、一緒に買ったTextile Mediumを82.のTシャツに塗り、乾いてからアイロンをかけたところ、
洗濯しても色落ちしませんでした。
これからTシャツに、描くのだったら、透明水彩で描いた方がよさそうです。

今のうちの庭の様子です。
日陰の蕾だったアマリリスが咲いていました。
108.三輪のバラ_e0233674_917645.jpg

実家の庭の片隅に放置されていたアマリリスを地植えしました。来年、花が咲いてくれるかなあ~
108.三輪のバラ_e0233674_9211211.jpg

紫のクレマチスと一緒に咲かせようと植えたバラが、今頃、咲いています。
でも隣りに紫のセージが咲いたからよしとするか。
108.三輪のバラ_e0233674_9172366.jpg

ラベンダーです。もう一種類違う品種のも庭に植えてあります。
いつものミツバチちゃんかな?
108.三輪のバラ_e0233674_9231765.jpg

門扉の前の寄せ植え。
あまりキレイではないけど、世話のかからないものを植えるというのがモットーです。
ラベンダー、チェリーセージ、ゼラニウム、ローズマリーなど。
庭にあるものを寄せ集めて植えました。余りちゃんとしていないですが、根付くものですねぇ~。
108.三輪のバラ_e0233674_928035.jpg

玄関先の寄せ植え。これも手のかからないコリウス三種とガザニアが植えてあります。
最初、小さな苗だったのが、10日ぐらいで大きくなりました。
手前にあるピンクのブーゲンビリアは、イタリアでは至る所にブーゲンビリアが咲き誇っていたので、欲しくなり、
先日、花屋さんで買いました。優しいピンク色なので、気に入っています。
108.三輪のバラ_e0233674_952526.jpg

今年は花が少ないアジサイ。
108.三輪のバラ_e0233674_9291997.jpg

それでも墨田の花火はきれいに咲いてくれました。
108.三輪のバラ_e0233674_9335015.jpg


今年も梅酒をつくりました。
家の梅が豊作になった年からつくり始めたのですが、去年も今年もつくるだけの量はならなかったので、
青梅を買いました。
108.三輪のバラ_e0233674_9365951.jpg

ホワイトリカーで毎年つくっていたのですが、去年、果実酒用ブランデーというのを見つけ、今年もそれでつくりました。
右側のデキャンタには去年つくった梅酒が入っています。
108.三輪のバラ_e0233674_9394690.jpg


昨日もチェリーさんがお花と野菜を持って来て下さいました。
黄色の花はノコギリ草というのだそうです。
感謝です。
108.三輪のバラ_e0233674_10204074.jpg

テントウムシの幼虫から成虫になりかけの子がいました。
108.三輪のバラ_e0233674_1021473.jpg

by natsumeakemi | 2011-06-24 10:16 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

101. 青い鳥

これはRemedios Varoに影響を受けた作品の部分図です。
窓から見える風景は、前回のイタリアの旅のスケッチを参考に描きました。
101. 青い鳥_e0233674_629431.jpg

部分図です。
101. 青い鳥_e0233674_6301980.jpg

全体図です。
下地にジェッソを塗り、アクリルで描いてあります。支持体はワトソン紙です。
101. 青い鳥_e0233674_6321757.jpg
(40号)

バロは1908年スペインで生まれ、フランスを経て33才でメキシコに亡命して、55才で突然亡くなるまで、
その地で暮らしました。恋多き、美しい女性でした。
バロは知らない画家でしたが、彼女の回顧展を見た時、バロの世界観に魅了されて、
もう一度見に行きました。
その何年か後、フリーダ・カーロ、レオノーラ・キャリントンらと一緒に'Women Surrealists in Mexico'
という展覧会が名古屋市美術館であり、何度も行きました。というか、丁度、美術館のガイドボランティアをしていたので、その展覧会のガイドをしました。
影響を受けた作家は、多くいます。又、別の機会に違う作家も紹介します。

昨日の続き、ドゥオーモの写真をupします。
石柱です。おそらく建設当時(10世紀)のもので、今に伝えています。
101. 青い鳥_e0233674_629177.jpg

現在は石柱の代わりに鉄骨で建物を支えてあります。
階段を下りて、地下の礼拝堂に行きます。
101. 青い鳥_e0233674_11142325.jpg

地下の礼拝堂の入口です。
101. 青い鳥_e0233674_1118411.jpg

地下の礼拝堂です。
様々な色の大理石を組み合わせて、装飾してあります。
101. 青い鳥_e0233674_11212189.jpg

椅子が置いてある空間は柵で区切られていました。
信者の方が、使うのでしょうね。
101. 青い鳥_e0233674_11251837.jpg

この大聖堂はキリストの12使徒の一人、アンデレが眠る教会です。
101. 青い鳥_e0233674_1128320.jpg

地下の礼拝堂はかなり広く、静謐な時間が流れていました。
101. 青い鳥_e0233674_1132419.jpg

一階の礼拝堂に続く階段です。先程の階段とは違います。
101. 青い鳥_e0233674_1135973.jpg

by natsumeakemi | 2011-06-18 11:41 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(2)

65. 水牛

花の絵が続いたので、突然唐突に、水牛を登場させました。
アクリルで描いたものです。
アクリルはアクリル用キャンバスか、水彩紙に描くのですが、これは水彩紙ワトソンで描いてあります。
ブログをアップするため、作品を見ていたら、アフリカの草原を駆ける水牛の絵が見つかりました。
いつ頃描いたのかは不明です。
たぶん習作で、さっと描いたものだと思います。
本絵にはない躍動感があると思います。
65. 水牛_e0233674_7292619.jpg

(8号)
by natsumeakemi | 2011-05-04 07:33 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

24. 黄昏

雑誌に載っていた写真を構成して描きました。
男女が夕焼けの海を見つめています。
写真は若い男女でしたが、私の絵は壮年の男女になってしまいました。その結果、象徴的な絵になったと思います。
二つの画面を組み合わせたので、つながりを持たせるために、家にあった貝殻を写実的に描きました。
下地に厚みが出るようにジェッソを使い、アクリルで描きました。
部分的に水彩とパステルが使ってあります。
24. 黄昏_e0233674_2227429.jpg

(40号)
by natsumeakemi | 2011-03-10 22:24 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)