134. マヨルカ焼/カルタジローネ(シチリア島)

カルタジローネで買って来たマヨルカ焼の花瓶にお花を活けて(参照125.)、透明水彩で描きました。
前にモンレアーレで買った猫の木彫りを添えて。
e0233674_1511288.jpg
(サムホール)

花瓶二つをどちらを買うか迷っていたら、一緒に行った友達、ぺぺが、
「二つ買ったら」って言ってくれたので二つとも買いました。
かわいい天使ちゃんと、左のイエス様はワインのコルク栓です。
もらったアナベルなどのお花をドライにして活けました(参照122.125.)。
e0233674_153165.jpg

お皿と敷物も買いました。
左の天使はナポリ郊外のレストランで。シックだから気に入っていますが、
レースなどの飾りはあまり必要ない気がしますけど、取るのも何だからそのままにしています。
e0233674_1572459.jpg

モンレアーレの路地に売っていた猫の木彫り。
そこだけで、売っていました。後で買おうなんて思っていては、売っていない。買ってよかった~
e0233674_151232.jpg

マヨルカ焼のお店。お皿とか買いました。何も言っていないのに安くしてくれました。
e0233674_15135348.jpg

マヨルカ焼が、所狭しと並べてありました。
e0233674_1518193.jpg

マヨルカ焼で装飾された橋です。
e0233674_15163292.jpg

# by natsumeakemi | 2011-07-21 15:24 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(2)

133. カルタジローネ2(シチリア島)

本日10,000アクセスを超えました。
ありがとうございます。
たくさんの方々に見ていただいて、本当にうれしく思います。
これを励みとして、精進して、いい作品を生み出すよう、努力致しますので、
今後共、どうぞ、よろしくお願い致します。

イタリアの女
e0233674_1814348.jpg
(鉛筆・透明水彩・4号)

フェスティバルがあるので、この時期だけ、階段(スカーラ)が、鉢植えで、飾られていました。
142段の上がったら、サンタ・マリア・デル・モンテ教会の入口に着きます。
e0233674_18173577.jpg

右側の進入禁止の標識の上に宗教画が見られます。
右端にある案内板は統一されていました。
e0233674_1822571.jpg

案内板。スカーラ142段の全面すべてに、マヨルカ焼がはめ込まれていました。
e0233674_18242078.jpg

やっと、上れました。朋ちゃんと、記念撮影。
e0233674_182652.jpg

サンタ・マリア・デル・モンテ教会。
中に入りましたが、写真は写しませんでした。たぶん禁止されていたと思います。
e0233674_18323839.jpg

教会近辺。
手摺りのところに、水色のマヨルカ焼が…
e0233674_18292872.jpg

レストラン周辺。
e0233674_18351758.jpg

時計を中央にして、左右対称になっていた建物。
西洋人はシンメトリーがお好き。
e0233674_1836046.jpg

教会です。クーポラが、水色に塗られています。
e0233674_18363029.jpg

どこもかしこも素敵!
e0233674_18373115.jpg

街灯も凝っています。
ディーテイルに注目しておくと、絵を描く時の参考になります。
e0233674_18381612.jpg

教会です。
e0233674_1839285.jpg

何気ない街角ですけど、何ておしゃれなんでしょう。
e0233674_18425089.jpg

青銅の門扉。立派です。
e0233674_18435721.jpg

# by natsumeakemi | 2011-07-20 19:02 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(0)

132. 山上都市カルタジローネ(シチリア島)

イオニア海                      カルタジローネの街並み
e0233674_162141.jpg


教会が見えます。
e0233674_1632079.jpg

街並み。大型の鳥がたくさん飛んでいました。
e0233674_1643069.jpg

e0233674_1645334.jpg

至る所に教会が・・・
e0233674_1653717.jpg

抜けるような青い空です。
e0233674_1655329.jpg

これも教会です。
e0233674_16193142.jpg

重厚な街並みが続きます。
e0233674_16123045.jpg

う~ん、味わいのある女の子です。
e0233674_1616596.jpg

# by natsumeakemi | 2011-07-19 16:24 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(0)

131. 陽光

この作品は明日からのグループ展に出品します。
白いワンピースを着た若い女性の清楚さを表現しました。
バックをライラックの色調にまとめ、花束をあしらいました。
e0233674_9101438.jpg
(10号)

額に入れて写しました。
e0233674_9105828.jpg

# by natsumeakemi | 2011-07-18 09:13 | 油彩・人物 | Trackback | Comments(0)

130. アンニュイな時

男性諸氏のお待ちかね?の裸婦を紹介します。
このブログで裸婦をupするのはどうかと思いましたが、やはり、古今東西、数多く裸婦の作品はありますし、
裸婦は女性の美しさを表現するのはこの上ないものでしょう。
ノリタケの森ギャラリー(今は経費節減のため閉館)で、裸婦のグループ展をするよと、よでんさんに誘われたので、出品することにしました。
会場が、広かったので、何点か出すことになりました。
裸婦のデッサン会は数多く参加していましたが、油絵で描いたのがなかったので、取りあえず描きました。

この作品は花の絵が描いてあった上から、それを活かし、下地に暖かいピンクを塗り、木炭でデッサンして、全体をグレーで統一しました。人物の輪郭は、面相筆を使い、細い黒(アイボリーブラック)の線で、表現しました。
「アンニュイな時」
e0233674_22421225.jpg
(10号)

この作品は基本的には「アンニュイな時」と同じ技法を使って描きました。
ただもっと内面的な面を出そうとするあまり、暗い表情になり、ちょっと、恐ろしげな作品です。
「頬杖をつく女」
e0233674_22462078.jpg
(6号)

この作品も同じような色調で描きました。
小人数のデッサン会で、キャンパスを持って行って、描きました。
「エミリー」
e0233674_2249678.jpg
(20号)

この作品は着衣だったのを急きょ裸婦にした作品です。
「スタールビー」
e0233674_22524484.jpg
(10号)

この作品は油絵ですが、背景と輪郭にオイルパステルが使ってあります。
乾いてから、細い線で、引っかきました。
「希望」
e0233674_22574232.jpg
(6号)
# by natsumeakemi | 2011-07-17 23:04 | 油彩・人物 | Trackback | Comments(0)