カテゴリ:登山( 64 )

荒島岳登山

荒島岳登山

山岳会のメンバーで荒島岳を登りました。
e0233674_23011178.jpg

登山道が大変でした。燕岳の登山道も大変でしたが、もっと大変でした。
槍ヶ岳の登山道の方がよっぽど、登りやすいです。
やはり、北アルプスは整備されています。
はじめは以前、スキー場だったところを登ります。

e0233674_23002789.jpg
やっと登山口に着きました。
e0233674_23002831.jpg
トトロの木、だそうです。
e0233674_23003074.jpg
見事なブナ林が、続いています。
e0233674_23003218.jpg

e0233674_23003457.jpg
ナナカマドの赤い実がたわわになっていました。
e0233674_23041421.jpg
途中の景色。
e0233674_23041858.jpg

e0233674_23042014.jpg
やっと頂上。
e0233674_23042157.jpg


















by natsumeakemi | 2018-10-14 22:57 | 登山 | Trackback | Comments(0)

剱岳登山(2日目、劔沢小屋〜剱岳〜剣山荘、3日目下山)

剱岳登山(2日目、劔沢小屋〜剱岳〜剣山荘・3日目剣山荘〜剣沢小屋〜室堂)
e0233674_16464551.jpg

いよいよ剱岳登山へ。
朝6時前に出発しました。
e0233674_16465691.jpg

e0233674_16470467.jpg
朝日が丁度、山の尾根から。
e0233674_16471305.jpg
後ろ立山連峰
e0233674_17170015.jpg
一服剱を登って下りて、前剱を登ります。
e0233674_17173581.jpg
前剱頂上到着。
左端は剣沢小屋で一緒に行くことになったかおりさん。
e0233674_17341981.jpg
前剱を下りて、
e0233674_17345102.jpg
剱岳を登ります。
剣岳 7番別山尾根ルート上り
e0233674_17352192.jpg

e0233674_17354202.jpg

e0233674_17360283.jpg
e0233674_17423858.jpg

e0233674_17425328.jpg
いよいよカニのたてばいです。
e0233674_17430921.jpg
遥かに富山湾が見渡せました。
e0233674_17433853.jpg
かおりさんが先に行きました。
e0233674_18072119.jpg

頂上に到着!
360度パノラマ!
小屋の人の言うことにはこんなに晴天の時は年に二度か三度とのことです。ラッキーでした。
e0233674_18020674.gif
みんなで記念撮影。
e0233674_18082334.jpg
下山です。
帰りはカニのヨコバイを下ります。
e0233674_18132356.gif
e0233674_18170358.jpg

e0233674_18171283.jpg
剣山荘に無事到着しました。

別山の上に月が。
e0233674_18171914.jpg
剣山荘からは五竜岳と鹿島槍ヶ岳が見えます。
e0233674_18173124.jpg
これは朝に撮った写真です。
6時過ぎに出発しました。
e0233674_18173902.jpg
泉に別山が映っていました。
e0233674_20321719.jpg
剣沢小屋に預かってもらっていた荷物を取って、来た道を帰りました。曇り空です。
e0233674_20324544.jpg
e0233674_21274318.gif
剣山荘で出会った人たちとも一緒に下山しました。としえさんのイケメン息子は立山三山からの合流です。

e0233674_21330419.jpg
大記念撮影会を開催し、マチさんと私はゼクシィ(大阪)のモデルをしている彼と何枚も写してもらいました(^^)
e0233674_21332189.jpg
みくりが池の喫茶店でお決まりのソフトクリームです。
e0233674_21333565.jpg











by natsumeakemi | 2018-09-21 16:37 | 登山 | Trackback | Comments(0)

剱岳登山(1日目、室堂〜劔沢小屋)

剱岳登山

立山駅(ケーブルカー)から美女平、美女平からバスで室堂に着きました。
槍ヶ岳であった僧侶をリーダーにマチさんと三人で。
いい天気です(^^)
9時出発。

e0233674_15322912.jpg
みくりが池
逆さ立山。
e0233674_15324386.jpg
立山連峰。
e0233674_15330062.jpg
地獄谷
e0233674_15331753.jpg
ナナカマドも色付き始めています。
e0233674_15512686.jpg
雷鳥沢キャンプ場
e0233674_15534537.jpg
美しい風景が広がります。
e0233674_15535703.jpg
劔御前小屋に到着。
目前の風景です。
e0233674_16175375.jpg

剣山荘ではなく、反対方向の劔沢小屋へ。
e0233674_16181375.jpg
剱岳が見えて来ました。
e0233674_16183459.jpg
左に劔沢小屋が。
e0233674_16185702.jpg
朝、バスの車窓から物資の輸送準備の様子を見ました。
e0233674_16271634.jpg
ヘリコプターで搬送して、帰って行きました。
歩荷も今も行われています。
写真は写さなかったですが、下山途中で見ました。若い女性も一名いました。頼もしいです。
e0233674_16272748.jpg
1日目の宿、劔沢小屋に到着。
e0233674_16273811.jpg
剱岳の前で記念撮影。
e0233674_16275283.jpg


















by natsumeakemi | 2018-09-21 15:27 | 登山 | Trackback | Comments(0)

槍ヶ岳山荘から上高地へ

槍ヶ岳山荘から上高地へ

夕方からは雨が降り、夜中も風雨と時折雷でした。
3日目は雨が朝から降っていました。
しかし、下りるしかない!
槍沢ロッジの部屋は二段になっていて各段に、布団が5組並べて敷いてあります。私は下の段の右端で、槍ヶ岳山荘でも下の段の右端でした。
なんと槍沢ロッジで下段左端のお二人と、槍ヶ岳山荘でも同じ部屋でした。しかも、レイアウト全く同じで。それで話が盛り上がり、そのお二人と一緒に下山することになりました。
そのお二人も大阪の方でした。

朝5:50出発です。
帰りもライチョウが、写した本人もどこにいるかわからない。時間のある方は目を凝らし、ライチョウ探しして下さい。何羽かいます。
e0233674_07055291.jpg

e0233674_07055491.jpg

e0233674_07055599.jpg
緑豊かな森の中を歩いて行きます。
e0233674_07055792.jpg
雨のため、水が増水していますね。
飛騨側、新穂高温泉に下りる飛騨沢ルートは沢が増水したので閉鎖されていました。
e0233674_07090945.jpg

e0233674_07091112.jpg

e0233674_07091302.jpg

e0233674_07091405.jpg
11時に横尾まで下りて来ました。
お二人はかなり速く歩かれるので、槍沢ロッジで1時間も休憩してしまったのに、ほぼコースタイム通りでした。一人で歩いたら、この時間には下りて来られなかったと思います。
e0233674_07091680.jpg
9/1の番隆祭(槍ヶ岳山荘において)のため、浄土真宗の僧侶が歩いていらっしゃいました。この後、念仏まで唱えてくださいました。
番隆上人については、下記に槍ヶ岳山荘のホームページからの抜粋を参照して下さい。
e0233674_07543134.jpg

e0233674_23001741.gif


徳澤園への橋からの清流。あんなに雨が降っていたのに水は澄んでいました。
もちろん、徳澤園でお決まりのソフトクリームを食べました(^^)
e0233674_07465945.jpg

e0233674_07470161.jpg

e0233674_07470309.jpg
上高地に着きました。
大阪のお二人は上高地から直接大阪駅までバスで帰られました。
私はあかんだな駐車場へ。
それぞれの家路に着きました。
今回の登山もいろんな方と出会え、幸せでした。一期一会ですね。
ブログの途中には登場しなかったですが、藤沢からいらっしゃっていた女医さん、その病院の同僚の方々とも、槍沢ロッジで槍ヶ岳山荘で楽しく歓談しました。そういえば、去年、横尾ロッジで出会った、まさこさんも、藤沢の方でしたー

e0233674_07470550.jpg



「大いなるアルピニスト

播隆は今から約160年前に槍ヶ岳を開山した。"日本近代登山の父" と呼ばれている英人ウェストンが日本アルプスを世に知らしめるより65年も前のことである。
播隆が頂上に祠を建立し、後に来る者のために危険な個所に鎖さえ準備した物語は、「大いなる初期アルピニスト」の尊称を授けられてよいのだが、彼の功績を知る人は余りにも少ない。
いま、JR松本駅前から鋭峰を見つめる上人の孤高のブロンズ像は、「人はなぜ 山に登るのか」という永遠の問いに無言で答えているかのようである。」

槍ヶ岳山荘ホームページから

















by natsumeakemi | 2018-09-05 06:47 | 登山 | Trackback | Comments(0)

槍ヶ岳ピークハント

槍ヶ岳ピークハント

10時頃に霧の中槍ヶ岳に登りました。
イワベンケイがこんなところに咲いていました。
花の色は黄色ですが、紅葉して赤くなっています。
季節は確かに進んでいます。
e0233674_15461524.jpg
岩場を登って行きます。
e0233674_15462271.jpg
ハシゴを二本登って、頂上に着きました‼︎
三角点です。
e0233674_15462883.jpg
槍ヶ岳と書いた板を持って、と言われたので、持ちました。
e0233674_15463294.jpg
満面の笑みですねーーでも、雲の中なのか周囲は真っ白でした。
e0233674_15463663.jpg
このハシゴを降りて来ました。
e0233674_15541048.jpg
登っている青年。写させてもらいました〜
e0233674_15541464.jpg
大阪からのお二人は槍沢ロッジまで下山すると、下りて行かれました。
私はピークハントの前に槍ヶ岳山荘にチェックインしました。
e0233674_16125329.jpg

槍ヶ岳山荘のスタッフの話では午後からは雨になると、しかし、午後三時、晴れ間が出ました。
e0233674_15542123.jpg
ワーイ!
e0233674_16084192.jpg
「もう一度登らなくてはいけないかなぁ〜」と呟いていると、隣にいた人に「そら〜もう一度登らなきゃいけないよ!」と言われたので、急遽、もう一度、登ることにしました。

常念岳〜蝶ヶ岳も見渡せました。
e0233674_16203179.jpg
南岳方面。北穂高岳、奥穂高岳と続きます。
e0233674_16203945.jpg

槍ヶ岳と常念岳。
e0233674_16212001.jpg
槍ヶ岳山荘の後ろの山々。笠ヶ岳など。
e0233674_16214455.jpg
さっさと登ろう!又、霧が出てくるから。
途中、景色が広がっていました。
e0233674_16425441.jpg
横にいる若い女性と励まし合いながら、登りました。
二度目でも、慣れなくて、又、一からしっかり登りました。
e0233674_16431417.jpg
登ったハシゴの横で。
満足そうですねーー
e0233674_16434669.jpg
e0233674_16481668.jpg
槍ヶ岳と書いた板を持ってもう一度写してもらったのですが、やはり霧の中で午前とあまり変わらないので、ここでは割愛します。
下に槍ヶ岳山荘が見えます。
e0233674_16520725.jpg
一緒に登ったご夫婦のチカさんが、私の下りの写真を何枚も撮ってくださいました。映像まで撮ってくれていました。
e0233674_16534039.jpg

e0233674_16534209.jpg

e0233674_16534313.jpg

e0233674_16534587.jpg
午前に登って下った時は霧で真っ白だったので、高度感がなく、怖くなかったのですが、午後の下山は横を見ると下の方がさっと見渡せたので、怖くなり、一瞬、すくみました。それからは下を見ないようにして下りました。
この後、無事下りて、チカさんとハイタッチしました。
三人で山荘で生ビールで乾杯🍻することにしました。その時、「北岳はいいよ!」ってすすめられました。
南アルプスは厳しそうなので、私の中ではなかったのですが、検討しますね。

槍ヶ岳は、毎年、天候が悪かったり、足を痛めたりとかで、何年も登れなく、こないだも脱水症で表銀座縦走できなくて、燕岳ピストンになってしまいました。
長年の夢が叶ってやっと登れました。長年だったからか、二回も登ることになって、、、満足です(^^)





















by natsumeakemi | 2018-09-04 15:39 | 登山 | Trackback | Comments(0)

槍ヶ岳登山2

槍ヶ岳登山2


朝、5時20分から、槍沢ロッジから槍ヶ岳登頂に向かいました。
e0233674_17505777.jpg
槍見です。
槍ヶ岳に見えるので槍見だそうです。
e0233674_17510612.jpg
太陽の光が当たって山が黄金色に輝いていました。
e0233674_17511573.jpg

e0233674_17512643.jpg
槍沢のU字谷です。
東鎌尾根。一番左に槍ヶ岳。雲で見えませんでした。
e0233674_17513626.jpg
e0233674_20524158.jpg

e0233674_20532883.jpg

e0233674_09301988.jpg

色とりどりの高山植物が咲いていました。
e0233674_09304511.jpg

e0233674_09344880.jpg

e0233674_09350389.jpg

e0233674_09351561.jpg

e0233674_09352753.jpg

e0233674_09353924.jpg

ヤマハッカが群生していました。
e0233674_09454235.jpg

e0233674_09455010.jpg

e0233674_09460132.jpg

e0233674_09461253.jpg
雪渓が残っていました。
e0233674_09462264.jpg
奥のとんがっている左側の山は常念岳。蝶ヶ岳が右側に。

e0233674_09570774.jpg

e0233674_09571641.jpg

指標をしっかり立ててくださっていました。
e0233674_09572577.jpg
霧になって、景色は見渡せなかったのですが、ライチョウが7匹もいました!!テンション上がる⤴️
e0233674_09572795.jpg

e0233674_09572979.jpg
霧の中槍ヶ岳が堂々とそびえ立っていました。
e0233674_10063043.jpg
午後からの予報は雨☔️
雨が降らないうちに、 槍ヶ岳山荘にチェックインして、荷物を置いて、早速、登りました。
次回に続く…



















by natsumeakemi | 2018-09-01 17:44 | 登山 | Trackback | Comments(0)

槍ヶ岳登山

槍ヶ岳登山

槍ヶ岳、登って来ました。
あかんだな駐車場に車を停めて、濃尾バスで上高地へ。
そのバス停で知り合った大阪の山岳会のお二人と一緒に登ることになりました(^^)

曇り空でも、相変わらず、美しくて清々しい上高地。向こうにかかっている橋は河童橋です。
e0233674_11584348.jpg
大阪の山岳会のお二人と。
e0233674_11585287.jpg

e0233674_11590257.jpg
明神に着きました。
e0233674_12012984.jpg
明神橋を渡ったところに穂高神社があります。穂高神社があります。
e0233674_12013982.jpg

e0233674_12014732.jpg
徳沢ロッジへの道。
e0233674_12015349.jpg

e0233674_12015928.jpg
横尾です。
横尾大橋を渡ると涸沢方面です。
去年、奥穂高に登った時に渡りました。
今回は渡らずにそのまま真っ直ぐ行きます。
e0233674_13101205.jpg

e0233674_17151850.jpg

e0233674_17153037.jpg

e0233674_17155283.jpg

e0233674_17162046.jpg

e0233674_17163952.jpg
e0233674_17201651.jpg

e0233674_17204884.jpg

e0233674_17212364.jpg

e0233674_17213762.jpg

e0233674_17215344.jpg
e0233674_17292975.jpg

e0233674_17295740.jpg

e0233674_17302215.jpg
槍沢ロッジが見えました。
e0233674_17304731.jpg
マキちゃん、いい笑顔です。
e0233674_17381156.jpg
















by natsumeakemi | 2018-09-01 11:44 | 登山 | Trackback | Comments(0)

自作のハイドレーション

自作のハイドレーション

燕岳で脱水症になったので、ハイドレーションを進められました。私はいつもペットボトルを二、三本持って登山に行きます。今回は水場があるというので、二本持って行きました。
ハイドレーションは私には洗浄という点で、難があるのです。きれい好きの友達なんかの登山から帰ってからのハイドレーションの洗浄の仕方などを聞くと、私にはとてもムリ。使っているうちに、多分、ニオイが気になる、、、
で、ペットボトルから、チューブで飲めないかと、考え、市販の製品を求めに行きました。四軒登山用品店、スポーツ用品店を回ってもなかったので、自分で作ることにしました。(ネットで購入も考えたのですが、現物を見て買いたかったので)

100均のセリアで見つけました。
e0233674_23560016.jpg
分解して、下の写真のように繋ぎました。
左側のストローは500mlのペットボトルの長さに合わせてカットします。
吸い口には鉛筆のキャップを。
スケッチの時に持って行く鉛筆もついでにキャップをしました(^^)後は無くした時用の予備キャップにしました。
下に並んでる二つの水色の蓋は水が漏れるので使えませんでした。
e0233674_23560699.jpg
キャップの蓋が開いているというのが難点ですが、、
e0233674_00084846.jpg
懸案の洗浄もバッチリで、分解して乾かせます。
e0233674_23560956.jpg
後は山に行き、実際、使ってみて、問題点があったら、改善しますね。
家では、普通に使えました(^^)

リュックに装着しました。
e0233674_13102722.jpeg


キャップがしっかりと止まるように、吸口の先の短いチューブを半分に切りました。スペアが出来ました。
(お皿にのっている部品の分解の写真、上から4番目の短いチューブを半分に切りました)

e0233674_13140724.jpeg











by natsumeakemi | 2018-08-18 23:36 | 登山 | Trackback | Comments(0)

燕岳

燕岳

燕岳に登って来ました。
初めの山行計画では、中房温泉〜燕山荘泊〜燕岳往復〜大天井岳荘泊〜西岳〜ヒュッテ西岳泊〜槍ヶ岳山荘泊〜槍ヶ岳〜徳沢園泊〜上高地。
だったので、沢渡で車を駐車して、沢渡から、バスで松本〜電車で穂高〜タクシーで中房温泉に行ったので、出発が12:20になりました。
尋常じゃない汗をかきました。安曇野は34度もあったのです。
北アルプス三大急登というだけあって、足が届かない岩を登りました。
先週白馬縦走の疲れが残っていたかもしれません。
登山中で一回、足をつり、漢方68番を飲みました。
燕山荘の割り当てられた場所で何度も足をつりました。受付でも、呂律が回らなかったし。診療所があったので、診察を受けました。
先生は脱水症で、体がカラカラだ。点滴2時間と言われました。夕飯が食べれないと言うと、ポカリスウェット三本飲みなさいと言われました。
三本はさすがに飲めなく、二本飲みました。
隣のご婦人お二人に、忠告するわ‼︎もう槍ヶ岳に行くのやめなさい‼︎山は逃げない‼︎と強く言ってくださったので、次の日、下山することにしました。
水分補給が足らなかったようです。

中房温泉登山口
e0233674_15022868.jpg


e0233674_15053357.jpg
第一ベンチ、第二ベンチ、、とあります。
e0233674_15054476.jpg
合戦小屋でスイカをいただきました。
e0233674_15055462.jpg
e0233674_15110689.jpg
右端に槍ヶ岳が見えます。
e0233674_15125441.jpg
お花畑が出迎えてくれて、後少しで燕山荘に着きます。
e0233674_15393332.jpg
燕山荘の前庭から、左に槍ヶ岳が見えます。
e0233674_15394172.jpg
燕岳
e0233674_15395565.jpg

燕山荘グループオーナーさんが夕食時にホルンを吹いて下さいました。
e0233674_15400727.jpg
次の日の朝、北アルプスの女王、燕岳(2763m)に登りました。
e0233674_15505267.jpg
イルカ岩
e0233674_15510593.jpg
雷鳥のヒナの朝食はコマクサの花。
ゼイタク〜
これでもトリミングしています。
燕山荘のオーナーに「雷鳥を見かけても、絶対近づかないように、遠くから見守って見てくださいね」と言われたので、遠くから撮影しました。
e0233674_15511018.jpg
メガネ岩
e0233674_15512230.jpg
頂上から写しました。
e0233674_15582191.jpg

e0233674_15583590.jpg
下山して、合戦小屋。
e0233674_15585166.jpg
やっと下山できました。
中房温泉の効能書き。
e0233674_16043876.jpg
丹生川村のレストランでせせらぎを見ながら、ゆっくり、お茶しました。
今回は暑さでバテて、大変で、当初の予定を大幅に縮小しました。
でも、体調に合わせての撤退、正解だったと思います。
ハイドレーションを検討します。
e0233674_16045158.jpg
槍ヶ岳、絶対に今年中に行くから、待っててね〜‼︎

















by natsumeakemi | 2018-08-05 14:46 | 登山 | Trackback | Comments(0)

白馬三山縦走3日目

白馬三山縦走3日目

白馬鑓温泉〜猿倉まで。
白馬鑓温泉小屋からの朝日です。
e0233674_14511557.jpg
雪渓の通過、四ヶ所ありました。
e0233674_16175546.jpg

e0233674_16184427.jpg
一緒に降りたけいさんとのりさん。
タフなお二人です。
e0233674_16244175.jpg
登山道のかわいい高山植物、癒されました(^^)
e0233674_16195230.jpg














by natsumeakemi | 2018-08-01 14:44 | 登山 | Trackback | Comments(0)