カテゴリ:エジプト( 24 )

アスワン(エジプト)

エジプト旅行の続きを今日はupします。

アスワンのナイル川の対岸です。
e0233674_21423766.jpg

白亜のコプト教会です。
e0233674_21445856.jpg

切りかけのオベリスクの石切り場見学。
ちょうど、朝日が写せました。
e0233674_21453375.jpg

オベリスクの先端の部分です。
先ず石に切り込みを付けて、木のくさびを1m間隔に打ち込み、水を入れて、木を膨張させて、石を割ったそうです。
e0233674_21464868.jpg

横から写しました。
e0233674_2147325.jpg

切りかけのオベリスクは長さ42m、重さは1168トンもあると推定されています。
e0233674_2149269.jpg

黒い石は玄武岩でシナイ半島から持って来て、その緻密さを活かして、花崗岩を削るのに用いられました。
オベリスクは赤い花崗岩を切り取り作られました。
実際、石を削るのが体験できるように玄武岩が置かれていました。
e0233674_21495178.jpg

朝日に輝いているアスワンの町を背景に写しました。
e0233674_21554745.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-11 22:06 | エジプト | Trackback | Comments(0)

コム・オンボ神殿2

コム・オンボ神殿を横から撮った写真です。
e0233674_20284682.jpg


e0233674_20313187.jpg

ホルス神とセベク神のレリーフです。
e0233674_2032117.jpg

ブーゲンビリアが咲き誇っていました。
e0233674_2032485.jpg

夕日を受けたコム・オンボ神殿を後にしました。
e0233674_20332111.jpg

毎日すこしずつ食事の内容が変わりました。
その日はエジプト料理でした。
e0233674_2039486.jpg

豆料理の数々。
e0233674_20391634.jpg

スィーツ。
e0233674_20402735.jpg

ガラベーヤ(民族衣装パーティー)があったので、民族衣装と帽子を着て、参加しました。
e0233674_20421237.jpg

by natsumeakemi | 2013-03-09 20:55 | エジプト | Trackback | Comments(0)

コム・オンボ神殿

階段を上って、
e0233674_10283719.jpg

コム・オンボ神殿の入口に着きました。
e0233674_10301815.jpg

神殿から下にあるレストランを写しました。
e0233674_10305621.jpg

ナイル川沿岸の高台に神殿があります。
e0233674_1031645.jpg

神々が王に生命の標、アンクで生命を与える所を描いたレリーフ。
e0233674_1036486.jpg

左がトト神。トキ又はヒヒの頭をした学問と知恵の神様。文字の発明者でもあるとされています。
右はホルス神。
e0233674_10541355.jpg

e0233674_1058371.jpg

e0233674_10594021.jpg

カレンダーを表したレリーフ。
e0233674_11192314.jpg

医療道具を描いた珍しいレリーフ(写真中央部分)。
e0233674_11202113.jpg

右側がワニの頭をしたセベク神。
コム・オンボ神殿はホルス神とセベク神のために建てられました。
e0233674_11251843.jpg



ルクソールで起こった気球の事故で、多くの方々の命が奪われました。
私は気球には乗っていませんが、気球が大空に浮かんでいるのを見ましたので、心苦しいです。
本当に痛ましい事故です。
心から、ご冥福をお祈り致します。
by natsumeakemi | 2013-03-01 11:26 | エジプト | Trackback | Comments(0)

ホルス神殿(エドフ)2

昨日の続きです。
第2列柱室。
コプト教会のキリスト教徒たちが台所として使っていたのだそうで、煤で天井が黒くなっていました。
e0233674_1548116.jpg

至聖所です。レバノン杉で作ったレプリカの聖船がおかれていました。
e0233674_1552193.jpg

奥の壁面と天井のレリーフ。
天井には星のレリーフが。
e0233674_15523663.jpg

右と左のレリーフ。
多くの神官と神々のレリーフが施されて、色彩がわずかですが残っていました。
e0233674_15524852.jpg

e0233674_1553171.jpg

至聖所の周りを囲む回廊の左側の壁面に、セト神(オシリス神の弟で、オシリス神を殺害した。オリシス神とイシス神の子であるホルス神がセトを敵として攻撃した)を槍で突き、海に沈めているホルス神の話がレリーフで彫られていました。
残念ながら、レリーフが一部破壊されていました。
e0233674_15564846.jpg

一生懸命、説明をしてくれているゴマちゃん。
半端じゃなく、彼は日本語がうまいでした。
彼はカイロ大学のエジプト考古学を専攻して、日本語も勉強したそうです。日本で日本の運転免許も取得したというから、スゴイです。

ホルス神は何度もセト神を、槍で突いています。
e0233674_1604138.jpg

カバが悪者(セト神)で、それを槍で突いているのが、ホルス神(頭部が隼の神)。
e0233674_1612982.jpg

レリーフのあった回廊。
奥の人がいる所で私達も説明を受けました。
e0233674_1619344.jpg

神殿の西側は古代の町が発掘されてその遺跡が残っていました。
e0233674_16483838.jpg

e0233674_16485056.jpg


又、中庭に戻り、入口のハヤブサのホルス神像と写しました。
各国の観光客の人達が像の前で写していました。
入口右側にあるホルス像(奥の方に見える)は小さくて可愛かったです。
e0233674_170861.jpg
頭部。
レリーフにもホルス神が彫られています。
e0233674_1733784.jpg

再び中庭を通り、
e0233674_1652736.jpg

来た道を帰り、馬車が迎えに来てくれるのを待ちました。
たくさんの馬車が並んでいた広場。
活気がすごかったです。
e0233674_16525956.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-26 17:12 | エジプト | Trackback | Comments(0)

ホルス神殿(エドフ)

早朝に、エドフに着き、馬車に乗って、ホルス神殿に行きました。
左から、私、添乗員のれい子さん、ロンちゃん。
御者席の足元にある草は、馬のエサです。
e0233674_16362492.jpg

エドフの町の中を、すごくスピードを出して、行きました。
そんなにスピードを出さないでもいいのにね~
e0233674_1655287.jpg

神殿に間もなく着きます。
馬車が連なって走っていました。
左側が神殿の敷地の遺跡。
e0233674_1657558.jpg

馬車を降りて、少し歩くと、ホルス神殿が見えて来ました。
あいにく雨です。
この時期雨が降るのは非常に珍しいということ。
e0233674_16591698.jpg

第2塔門で写しました。
e0233674_16595252.jpg

中央部分のコブラ。
e0233674_171405.jpg

ホルス神像が入口に置いてありました。
e0233674_17102049.jpg

e0233674_1751410.jpg

天上にもレリーフが。
色彩も残っていました。
e0233674_17104990.jpg

中庭を通って、
e0233674_17114613.jpg

第1列柱室に入りました。
柱の上部のパピルスなどをモチーフにした装飾は、よく見ると、それぞれ少しずつ違っています。(上の写真の中庭の柱も)
e0233674_17133422.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-25 17:25 | エジプト | Trackback | Comments(0)

ナイル川の水位の調整

ナイル川の水位が上流に行くと上がるので、水門をとじて、調整します。
船尾から写真を撮りました。
e0233674_14395827.jpg

e0233674_14402346.jpg

前に行き、写真を撮りました。
光が入った写真になってしまいましたが、upします。
e0233674_1445342.jpg

e0233674_14454763.jpg

沿岸と同じ視線だったのが、上から見下ろす視線になりました。
e0233674_14585318.jpg


夕食の時、一瞬で真っ暗になりました。
停電?と思うと、ほどなく、激しいリズムの太鼓の音が聞こえて来て、電気がつけられました。
日本人とドイツ人の乗客がお誕生日でした。ウェイターの人が祝って、太鼓をたたき、歌って踊りました。
アフリカンリズムの曲で、職業としてもいいくらい、リズム感がよかったです~♪
e0233674_14353545.jpg

e0233674_145246.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-23 15:05 | エジプト | Trackback | Comments(0)

メムノンの巨像

ハトシェプスト女王葬祭殿から、バスで右側に貴族の墓を見て
e0233674_21111825.jpg

左側にラムセス2世葬送殿を見て、
e0233674_21165424.jpg

メムノンの巨像に行きました。
e0233674_2110279.jpg

アバラスター石を使って壺とか作っているお店にも行きました。
e0233674_21211240.jpg

実演して見せてくれました。
e0233674_21224626.jpg

サトウキビ畑を通り、
e0233674_21275913.jpg

ルクソールの市街地を通り、
e0233674_2130049.jpg

e0233674_2130573.jpg

e0233674_21311478.jpg

クルーズ船に帰って、お昼をいただきました。
パンも野菜もお料理もどれも口に合って、おいしかったです^^
e0233674_21323817.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-20 21:35 | エジプト | Trackback | Comments(0)

ハトシェプスト女王葬祭殿

王家の谷見学後、ハトシェプスト女王葬送殿に行きました。
ハトシェプスト女王は夫トトメス2世の死後、まだ幼かったトトメス3世の摂政となったが、後に自らファラオとなりました。古代エジプト唯一女性のファラオです。
全体の写真です。
3層列柱、2段テラスの構造の神殿は、以前にも以後にもないこの神殿だけです。
(新王国時代 第18王朝 紀元前1480年頃)
背後にピラミッドに似たアル=クルン山が見えます。
発掘がおこなわれていました。
e0233674_1655369.jpg

新しい発見があるのかしら?
e0233674_1664484.jpg

葬送殿の前で写しました。
真ん中にいるのは添乗員のれい子さん。
e0233674_16573957.jpg

坂を登った入り口の左側の女王の石像と。
e0233674_16572153.jpg

アヌビス神(犬の姿をした死者の神で、墓地の守護者でもある)を描いた壁画、色彩が残っていました。
e0233674_16383229.jpg

ソカル神(ハヤブサの頭はホルス神((天空の神、オシリス神とイシス神の子供))が有名です。ソカル神は墓地、冥界、死者の神で、不毛な砂漠や死、闇夜の衰えることのない力の象徴)にワインを捧げるトトメス3世。
「古代エジプト美術手帳」松本 弥著にはソカル神と書いてありましたが、「王家の谷」のCDの写真にはホルス神と書いてありました。
どちらでしょうね~
天井には星空が描かれていました。
このブログの2行目にも少し書きましたが、トトメス2世の側室の息子がトトメス3世で、トトメス2世の死後、その息子を退けて、ハトシェプスト女王がファラオになったので、トトメス3世は彼女を目の敵にしていて、彼女の死後、
e0233674_1781542.jpg

葬送殿にあった彼女の像や、レリーフ、カルトゥーシュ(名前)(上の写真の中央部の左側に女王のカルトゥーシュが刻まれていた。右側はトトメス3世のカルトゥーシュ)を削りました。
「ハトホル礼拝堂」のハトホル神の左側に彼女のレリーフがありました。
ハトホル神は、牝牛の女神で、角と太陽円盤を持つ、テーベ(ルクソールの古代の呼び名)の西方の砂漠の女主人として、死者の守護神、天空の神、幸福・音楽・踊りの神、鉱山の守護神とされました。
e0233674_17415214.jpg

e0233674_1742305.jpg

ハトホル礼拝堂のハトホル神を形どった柱。
耳が牛の耳になっているのが特徴です。
e0233674_184449.jpg

女王の石像の頭部が破壊されています。
e0233674_1743676.jpg

しかし、諸説があり、トトメス3世とハトシェプスト女王の関係は良好で、女王がファラオとして、君臨していたことに快く思わなかった者が破壊したのではないかという説もあります。
どちらでしょうね。
当時、女性が王になるのは不利だったので、ハトシェプスト女王は在位中(BC1479-BC1458)(新王国時代18王朝5代目ファラオ)、公的な場所では男装し、あご髭を付けていたと伝えられています。
肌も褐色にしていたことが、像から分かります。
e0233674_1840209.jpg

イシス神と写真に描いてありますが、ホルス神では?
e0233674_18431835.jpg

今日は色々調べて、時間がかかりました~
でも、勉強になりました。
古代ロマンが溢れています。ハトシェプスト女王の生い立ち、一生は人間模様が複雑に、絡まっています。
ここでは割愛しますが、興味のある方は、ネットで調べて下さい。


しかし、ここが1997年のテロの現場となり、多くの人々が亡くなる事件が発生しました。
そのことも、風化させないで語り継いで、世界から、テロ、戦争がなくなりますようにと、心から祈ります。
by natsumeakemi | 2013-02-19 19:28 | エジプト | Trackback | Comments(0)

王家の谷

王家の谷のすべての墓は新王国時代に岩を掘って造られたものです。
カメラは持ち込み不可だったので、さっとスケッチをしました。
左上の王家の谷全体のスケッチで、山に囲まれています。
自然のピラミッドになっています。
e0233674_17541316.jpg

"Valley of the Kings"というCDを買ったので、そこからの写真をupします。
そのCDは半端な量ではない大量の写真とビデオが入っていました。
自然のピラミッドの山に囲まれた王家の谷の写真。
e0233674_2128450.jpg

先ず、ラムセス4世の墓を見学しました。
色彩豊かな壁画が時を経ても今なお美しく残っています。
スケッチ左側3枚目の写真。内部の構造をスケッチしました。
e0233674_184587.jpg

ラムセス4世の巨大な石棺。
e0233674_1851428.jpg

左側上から2枚目のスケッチの写真。
e0233674_22561051.jpg

左上から4枚目のスケッチの似た箇所。神や人が線で区分されて入っている図。
e0233674_238532.jpg

次にラムセス9世。
右上のスケッチの写真。
e0233674_18105454.jpg

天井にはやはり星空が描かれていました。
e0233674_1892969.jpg

次はツタンカーメンの墓。
ツタンカーメンの本物のミイラが石棺の中に置かれていました。
ので、神聖な雰囲気でした。
どこからともなく、雅楽のような和音が聞こえてきました~BGMかと思いましたが、ロンちゃんには聞こえなかったようです。日本で行われるエジプト展でのミイラの部屋ではいつも、頭が痛くなるので、心配しましたが、そういうことはなかったので、よかったです。
玄室の正面の壁画は先日、紹介しましたが(ナイル川の夜明け)、その右側の壁画を今日は紹介します。
豹の毛皮をまとっている人は神官で、王と同じくらい身分が高いそうです。
あの世で神と話せる儀式を執り行っています。
e0233674_20364682.jpg

ツタンカーメンに生命の印アンクを差し出すイシス神の図。
ツタンカーメンという名前もTut-ankh-amen真ん中にankh(アンク)(生命)が入っています。
e0233674_2047536.jpg

最後に見たのはラムセス3世の墓です。
e0233674_2161618.jpg

左からイシス神(オシリス神の妻及びホルス神の母、死者の保護者)、オシリス神(冥界の神、再生復活の神)、ラムセス3世(カルトゥーシュからも分かります)。
e0233674_2184345.jpg

左から、王とラー神(太陽神)。
右側下のスケッチの写真。
e0233674_21242974.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-17 19:48 | エジプト | Trackback | Comments(0)

ルクソール神殿2

ルクソール神殿の続きです。
ツタンカーメンとアンケセナーメン夫妻の坐像。
e0233674_17553799.jpg

ガイドのゴマちゃんが元祖イナバウワーと言っていたレリーフ。
e0233674_17582375.jpg

アメンホテプ3世の中庭を通って、
e0233674_17594144.jpg

コプト教会跡がありました。
e0233674_1825065.jpg

古代エジプトのレリーフの上から漆喰を塗り、フレスコ画と思われる絵が描かれています。
e0233674_1841817.jpg

古代エジプトのレリーフにも彩色が残っていました。
e0233674_1894124.jpg

e0233674_18265233.jpg

修復の様子が解説されていました。
e0233674_18103420.jpg

アレキサンダー大王の祠堂。
e0233674_18143392.jpg

アレキサンダー大王のカルトゥーシュ。
e0233674_18153869.jpg

神秘的な雰囲気でした。
e0233674_2055661.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-13 20:09 | エジプト | Trackback | Comments(0)