カテゴリ:料理( 40 )

おせち料理

おせち料理


昨日おせち料理を作りました。
今日、家族でぜーんぶ美味しくいただきました(^^)
e0233674_21400683.jpg

e0233674_21400771.jpg

皆さま、良いお正月をお過ごしでしょうか。
今年も素敵な年になりますようにお祈りいたします✨✨🍀😊










by natsumeakemi | 2019-01-01 21:37 | 料理 | Trackback | Comments(0)

グリューヴァイン(ホットワイン)

グリューヴァイン(ホットワイン)

ドイツのクリスマスマーケットで飲んだグリューヴァインを家で作りました。


赤ワイン200cc、ブルーベリージャム大さじ3、オレンジがなかったので、ミカン1/4、ミカンの皮少し、ハチミツ(お好みの量)、スパイスの八角、グローブ、シナモンそれぞれ少々をナベに入れて、煮ます。砂糖はブルーベリージャムに入っているので入れませんでした。
e0233674_19341028.jpg

e0233674_19264915.jpg

e0233674_19265068.jpg
茶漉しでこして、カップに入れます。
(スイスのバーゼルで手に入れたカップ)
e0233674_19265264.jpg

クリスマスマーケットで飲んだグリューヴァインと同じような味になりました(^^)
心まであったまります〜是非、ご家庭で作って見てくださいね!


















by natsumeakemi | 2018-12-29 18:56 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ティラミス風味のスイーツ

ティラミス風味のスイーツ

ティラミス風味のスイーツを作りました。
フランスパンを細かくちぎり、濃いめのコーヒーを入れて、浸します。
甘味が欲しい人は砂糖を好みで入れてください。
ヨーグルトとクリープ(なければ無しでも)を混ぜてその上から入れます。ここでも甘味が欲しい人は砂糖を入れてください。
ココアパウダーをふりかけます。
クリームチーズとブルーベリーのジャム(この場合は庭になったブルーベリーで作ったジャムと友達の手作りブラックベリージャムを混ぜたジャム)、ミントをトッピングします。
かなりボリュームがあり、朝食に頂くと、おなかがいっぱいになります。
e0233674_10235436.jpg
横から写しました。
e0233674_10235624.jpg
ヨーグルトは好みのヨーグルトでオッケーです。
普通のヨーグルトは固形になった部分だけ取り出してください。
e0233674_10235758.jpg

ミントは庭から調達しました〜
庭のミント。
e0233674_10414140.jpeg



















by natsumeakemi | 2018-11-09 10:22 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ドライフルーツ入りのスィートポテト

ドライフルーツ入りのスィートポテト


1.まずサツマイモ一本をレンジで加熱します。

私は今回は、暖炉でサツマイモを石焼き芋風にしようと思いましたが、丸焦げになりそうだったので、引き上げるのが、早過ぎて、中まで焼けていなくて、結局、レンジで加熱しました。

レンジで加熱する方法はいろいろあると思います。私はいつも新聞紙を濡らしてサツマイモを包み、更にラップで包み、レンジの根菜に合わせて、加熱します。

2.次に皮をむき、中身をスプーンでつぶします。その中にリンゴバターを大さじ2、砂糖大さじ1、ドライフルーツ適量を入れてかき混ぜます。砂糖は好みで量を変えてください。

3.もう一度、レンジで2分加熱します。

4.器に入れていただきます。バニラアイスクリームをトッピングしても美味しいと思います。

ダージリンティーを添えて召し上がれ〜


e0233674_16350731.jpg

e0233674_16350909.jpg

























by natsumeakemi | 2018-09-29 16:33 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ハッサクのクリームチーズと変わりポテトサラダ

朝食にパンがなかったので、作ってみました。(分量は二人分)

✳︎ハッサクのクリームチーズ

1.クリームチーズ100gハッサク二切れを皮をむいて、ほぐして、グラニュー糖好みの量(5g)を混ぜます。ハッサクの水分が出て来るので混ぜやすいです。
2.それぞれの皿に盛り、ハッサク一切れを三つに割ってトッピングし、グラニュー糖を上からかけます。
3.その上にミントをトッピングしたかったけど、無くて、代わりにフキノトウをトッピングしました(^^)

✳︎変わりポテト

1. じゃがいもを二個を水に濡らし、ラップにかけ、根菜強でレンジにかけます。
2. その間に人参(小4/1〜3/1)を千切りにします。器に人参とフキノトウ一つを細かくしたのを入れて、オリーブオイル(適宜、大1くらい)、塩胡椒をして、混ぜます。
3. 茹で上がったじゃがいもの皮をむき、2.に入れて、つぶします。マヨネーズと胡麻ドレッシングを好みの量入れて混ぜます。
4.3.を丸め、フルーツグラノーラ(写真はカルビーのフルグラ・トロピカル ココナッツ味)を敷いた小鉢に入れて、絡めます。上から更にフルーツグラノーラを好みの量入れます。

e0233674_10084668.jpg










by natsumeakemi | 2017-05-04 09:50 | 料理 | Trackback | Comments(0)

夏野菜のハヤシライス

①ズッキーニ、オクラをそれぞれオリーブオイルで炒めます。
②玉ねぎと人参とローズマリーを炒めます。
③ジャガイモを洗い、濡れたまま、電子レンジの根菜に合わせ、茹でます。
④②の真ん中を開け、牛肉を炒め、分量の水を入れ、乾燥トマトを入れて、20分煮ます。茹で上がったジャガイモを入れます。ハヤシライスの素を割り入れて、10分弱火で煮ます。
⑤皿に①とご飯を盛り付け、ルーをかけます。
⑥残してあった茹でたジャガイモをマッシュにして、輪切りにしたキュウリとマヨネーズと干しエビを混ぜます。
e0233674_13031871.jpg















by natsumeakemi | 2016-09-08 12:50 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ソーメンで冷製カッペリーニ

まず、トマトソースを作ります。
完熟トマト、3個を粗切りにして、生のローズマリーとで、オリーブオイルで炒めます。コンソメ1個を割り入れて、お土産で頂いた乾燥玉ねぎなどを入れ、煮え立ったら、牛乳を入れます。

ソーメンを茹で、水にさらします。
お皿に盛り付け、炒めたハム、茹でたアスパラガスを周りに飾り、玉子焼きをトッピングします。乾燥玉ねぎなどをその上から、ふりかけて、作ったトマトソースをかけます。

e0233674_17214612.jpg


乾燥玉ねぎなど
e0233674_17223406.jpg

















by natsumeakemi | 2016-09-07 17:08 | 料理 | Trackback | Comments(0)

朴葉ごはん/フキの煮物

✴︎朴葉ごはん
朴葉を庭から取って来て、きれいに洗って、ごはんを載せ、又、朴葉を載せ、少し重しをします。
カニとキュウリとフキの煮物を載せて、完成です。
e0233674_22503956.jpg


✴︎フキの煮物
フキを取って来て、筋を取り、良く洗って、4㎝に切って、水から煮て、沸騰したら、小さじ1くらい、重曹を入れて、冷まします。
良く洗って、麺つゆと、砂糖を少し入れて煮ます。
ごまドレッシングとマヨネーズのディップで洋風にもなります。
これは地味な惣菜ですが、二、三日すると、味が浸みてとても美味しいです。
e0233674_03001074.jpg

マクワウリが道の駅で出てました。
e0233674_22504042.jpg


























by natsumeakemi | 2016-08-18 22:38 | 料理 | Trackback | Comments(0)

鶏ちゃんと野菜の炒め物

岐阜県の郷土料理、鶏ちゃん 塩味を使いました。

冷凍で売っているので、それを自然解凍して、新玉ねぎとトマトと菜の花とで、炒めました。レタスを添えて、出来上がり。
味は'Buono!'イタリアン、でした(^^)

e0233674_23414373.jpg


いろいろな種類が出ています。
写真はインターネットより。
私は塩味がお気に入りです。
冬はけいちゃんを入れてお鍋にしても、おいしいです。

e0233674_23414357.jpg



















by natsumeakemi | 2016-05-23 23:28 | 料理 | Trackback | Comments(0)

おせち料理

大晦日の夜、皆さまいかがお過ごしですか?
私は紅白を家族と見ています。
今年もブログを訪問して頂きまして、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください^ ^

おせち料理を作りました。
明日の朝、いただきます。

e0233674_20160626.jpg














by natsumeakemi | 2015-12-31 20:10 | 料理 | Trackback | Comments(0)