自作のハイドレーション

自作のハイドレーション

燕岳で脱水症になったので、ハイドレーションを進められました。私はいつもペットボトルを二、三本持って登山に行きます。今回は水場があるというので、二本持って行きました。
ハイドレーションは私には洗浄という点で、難があるのです。きれい好きの友達なんかの登山から帰ってからのハイドレーションの洗浄の仕方などを聞くと、私にはとてもムリ。使っているうちに、多分、ニオイが気になる、、、
で、ペットボトルから、チューブで飲めないかと、考え、市販の製品を求めに行きました。四軒登山用品店、スポーツ用品店を回ってもなかったので、自分で作ることにしました。(ネットで購入も考えたのですが、現物を見て買いたかったので)

100均のセリアで見つけました。
e0233674_23560016.jpg
分解して、下の写真のように繋ぎました。
左側のストローは500mlのペットボトルの長さに合わせてカットします。
吸い口には鉛筆のキャップを。
スケッチの時に持って行く鉛筆もついでにキャップをしました(^^)後は無くした時用の予備キャップにしました。
下に並んでる二つの水色の蓋は水が漏れるので使えませんでした。
e0233674_23560699.jpg
キャップの蓋が開いているというのが難点ですが、、
e0233674_00084846.jpg
懸案の洗浄もバッチリで、分解して乾かせます。
e0233674_23560956.jpg
後は山に行き、実際、使ってみて、問題点があったら、改善しますね。
家では、普通に使えました(^^)

リュックに装着しました。
e0233674_13102722.jpeg


キャップがしっかりと止まるように、吸口の先の短いチューブを半分に切りました。スペアが出来ました。
(お皿にのっている部品の分解の写真、上から4番目の短いチューブを半分に切りました)

e0233674_13140724.jpeg











by natsumeakemi | 2018-08-18 23:36 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/27506925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 着衣のデッサン会 豊田おいでん祭花火大会 >>