ステンドグラス《平和》

油絵《祈り》の背景のステンドグラスは、
シャガール作のサルブール・フランシス会礼拝堂のステンドグラスの写真を見て、描きました。
e0233674_2153264.jpg

e0233674_2153586.jpg

e0233674_215266.jpg

e0233674_2152925.jpg

(マルク・シャガール展の図録より)

旅行に行った時、ステンドグラスの写真を数多く写しました。自分で撮ったステンドグラスの写真ではなく、芸術新潮の表紙になっているシャガールのステンドグラスが、気に入り、《祈り》の背景にしようと思い、図案化して描きました。
マルク・シャガール展の図録を一昨日、たまたま見ると、図録の中に《平和》が載っていました。解説の文章を読んで、改めて、シャガールの思いを知りました。
期せずして、《祈り》の背景に描き、良かったです。私の中で、漠然とした《祈り》だったのが、《平和への祈り》となりました。
参考にもう一度《祈り》をアップします。

e0233674_2153868.jpg











…………………………………………
by natsumeakemi | 2015-03-12 19:36 | シャガール | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/22873473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-04-07 09:35
タイトル : シャガールの美術の魅力
シャガール展 Chagall exhibition : Charm of Chagall's fine arts  上野公園の東京藝術大学大学美術館で、「シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛~」と題した美術展が開催されています。この美術展に展示されている作品とあわせて、今まで来日したシャガールの傑作を回顧しながら、シャガール美術の魅力について考えて行きたいと思います。  今回の美術展は、旧ロシア帝国のヴィテブスク(現ベラルーシ共和国)にユダヤ人として生まれたシャ...... more
<< タベヤ(Tabea)コンサート 白ゆり(水彩画) >>