ヴォルビリス(モロッコ)

世界遺産ヴォルビリスはローマ遺跡ですが、もっと以前鉄器時代からカルタゴ時代には人が住んでいました。
1915年に発掘が始まり、現在も発掘しています。
その文明の上にローマ人が都市を作られました。

裁判所の役割をしていたバジリカの遺跡。
ローマが衰退してキリスト教が入ると礼拝堂になりました。
e0233674_21465340.jpg

キャピトル(神殿)。ここにはジュピター(ゼウス)が祀られていました。
ここにもこうの鳥の巣がありました。
e0233674_2217045.jpg

e0233674_214911100.jpg

オリーブ圧搾工房。
e0233674_21493437.jpg

住居跡。
e0233674_21503924.jpg

左側にカラカラ帝の凱旋門が見えて来ました。
e0233674_21555178.jpg

e0233674_2235469.jpg

e0233674_2241025.jpg

e0233674_2244147.jpg

e0233674_2251474.jpg

遺跡のガイドさん。
e0233674_2252838.jpg

明日はモザイクを紹介します。
by natsumeakemi | 2014-01-14 22:20 | モロッコ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/21570907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< モザイク画(ヴォルビリス・モロッコ) イドリスの白い街(モロッコ) >>