真夏の里山(油絵)

安曇野の風景画(8号)を見直しました。
当初は水彩画のように油絵を描くことを目指しましたが、やはり油絵然とした絵にしました。

e0233674_22174294.jpg


昨日の「晩秋の里山」(30号)を完成させました。

e0233674_22182681.jpg


手前左の草原の所が、ボナール、ルドン風になっていました。
ルドン、ボナールの色彩が好きですから、意識しなくてもそういう色が出て来るのかしら。
by natsumeakemi | 2013-11-29 22:24 | 油彩・風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/21391139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はるみ at 2013-12-14 03:30 x
ステキです!
Commented by natsumeakemi at 2013-12-22 22:04
はるみさん
ありがとうございます^^
実際の色と大きさが違いますけど…
<< セヴィリアの理髪師 晩秋(油絵) >>