グラスゴー大聖堂

スコットランドの中世の大聖堂は宗教改革の際に殆ど破壊されました。
グラスゴー大聖堂は破壊を免れた貴重な存在です。
12Cにデイビッド1世により建てられ、増改築を重ねてほぼ15Cに完成しました。
ヨーロッパの教会は石造りですので、何世紀の歴史をくぐり抜けて、その姿を現在にも継承しています。
今、修復中でした。修復して大切に次世代に歴史的建造物を残づ努力をしています。
e0233674_22183497.jpg

全体の写真です。
e0233674_22203411.jpg

ディテールにもこだわった作りとなっていました。
e0233674_22204750.jpg

大聖堂の版画(1693年)です。
e0233674_22205930.jpg

内部の様子です。
奥には立派なパイプオルガンがありました。
e0233674_2231498.jpg

天井が高いです。
e0233674_22214086.jpg

祭壇です。
光溢れるステンドグラスが施されていました。
e0233674_22215172.jpg

by natsumeakemi | 2013-09-10 22:32 | イギリス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/21050613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< プロバンド領事館(グラスゴー) グラスゴー >>