カルナック神殿2(ルクソール)

昨日の続きです。
オベリスクが2本立っていました。
左がトトメス1世の右がハトシェプスト女王のオベリスク。
e0233674_20104198.jpg

オベリスクは接着剤も楔も何も使わずに、その石の重みのみで立っているのだそうです。
約3500年も立っているのですから、すごい技術ですね。
日本は縄文時代でした。
e0233674_20105267.jpg

南側に行くとハトシェプスト女王の倒れたオベリスクがありました。
e0233674_19592376.jpg

聖なる池。
e0233674_2074468.jpg

元の神殿内に戻って、更に奥のほうにすすんでいきました。
e0233674_2002939.jpg

e0233674_2004456.jpg

e0233674_20129.jpg

奥まで行って、
e0233674_2029944.jpg

引き返しました。
大列柱室で記念撮影。
e0233674_2072463.jpg

e0233674_2022437.jpg

南側に進むとラムセス3世神殿がありました。
e0233674_2023812.jpg

入口にあった神殿全体の模型。
e0233674_2024714.jpg

by natsumeakemi | 2013-02-08 20:42 | エジプト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/19762853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ルクソール神殿 カルナック神殿(ルクソール) >>