国立考古学博物館(アテネ)

国立考古学博物館は先史時代から後期ローマ時代にわたるギリシャ最大規模の博物館です。
56もの展示室がありました。
ネオ・クラシック調の博物館入口
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_1850306.jpg

ミケーネ遺跡の円形墓地で発掘された「黄金のマスク」(撮影可、但しフラッシュは不可)
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_18515057.jpg

ミケーネ遺跡の副葬品「黄金の王冠」など。
楔の部分は鋳型で鋳造されました。
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_18525327.jpg

教科書に載っていそうな青銅像や大理石像の数々。
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_185699.jpg

兵士の大理石像でしょうか。
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_18585574.jpg

ミロのビーナスも顔負け?の大理石像。
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_1904315.jpg

青銅製の「馬上の少年像」
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_192239.jpg

博物館の隣にある工科大学。
イオニア様式の円柱が美しく、青銅製のオブジェが中庭に無造作に置かれていました。
国立考古学博物館(アテネ)_e0233674_1975438.jpg

by natsumeakemi | 2013-01-24 19:19 | ギリシャ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/19670442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 象形文字 深紅のバラ(フラワーアレンジメント) >>