リヒテンシュタイン展(国立新美術館)

新国立美術館で開催されていたリヒテンシュタイン展(~12月23日まで。休館日は火曜日←普通、美術館は月曜日お休みなのに珍しいですね。)を3人で観ました。
会場は思っていたより、混んでいなく、ゆったりと鑑賞できました。
ルーベンスの作品が印象的でした。
e0233674_1712712.jpg

気に入った作品の絵ハガキ。
e0233674_18255070.jpg


「与えられた形象―辰野登恵子/柴田敏雄」(~22日)も開催されていたので観ました。
お二人は東京芸術大学の同級生だそうです。表現は絵画と写真とそれぞれ違いますが、同級生というのはずっと影響し合い、生涯友なのでしょうね。

辰野登恵子氏の一番最初に展示されていた作品「UNTITLED 95-1」は愛知県美術館の所蔵作品で、私にとってはお馴染みの作品なのですが、一番最初に飾ってあったということで、なんだか、うれしかったです。いつもいい作品だなと、県美で見るたびに思っていましたから。初めてその作品を見た時は、しばらくそこで佇んで見入ってしまいま。十字形になっているのです。彼女の他の作品のいくつかも十字形になっているのですが、それは教会の敷地を上から見た形をモチーフにしているそうです。全体がブルーで静かな精神性が感じられる作品です。(常時、愛知県美術館の常設展で展示されているとは限りませんので、お問い合わせの上、お出掛け下さい)
 
左は柴田敏雄氏の作品。右はチケット。パンフレットが柴田氏のものしかありませんでした。
e0233674_17173252.jpg


2会場は広く、作品もかなり多かったので、疲れ、観終わってから、休憩しようと、
e0233674_17534991.jpg

テラスに出て、お茶を飲みました。
e0233674_17561872.jpg

都会の中のはずなのに静かで自然に溢れていました。
e0233674_17563890.jpg

夕日が美しかったです。
e0233674_1757641.jpg

ルミネ有楽町店を通りかかったら~♪ラッキー♪♡でした。
e0233674_17572949.jpg

夕食は銀座で日本料理をいただきました~
e0233674_17574087.jpg

by natsumeakemi | 2012-10-22 08:02 | 東京 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/19079049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by martin310 at 2012-10-25 10:04
Akemiさん、ご訪問とイイネをありがとうございました。

Akemiさんの「リヒテンシュタイン展」の記事で、辰野登恵子さんの
作品のことに触れられていましたが、なんだかこのお名前懐かしく
拝見しました。
私が道に迷う画学生だった頃(今も変わりませんが)、ご存知でしょう
当時「みづゑ」っていう高い美術雑誌がありまして、そこに現代美術の
旗手が対談で掲載されていました。
他にも「美術手帖」なんかもありましたが。

あの頃、羨望の的の作家さんでしたね。
さっそく辰野さんのHPがあるようで拝見しましたが、1990年までの
作品は見たことがあったようです。
それから以降はこの世界とも離れていたので、まったく知らずでした。

何か昔の美術に対する感覚を呼び覚まされた感じで、とてもうれしく
思いました。

また、お伺いさせていただきます。

Martin
Commented by natsumeakemi at 2012-10-25 16:08
コメントありがとうございます。
Martinさんの絵画はメルヘンの世界で、写真は色が美しく自然の素晴らしさがそのまま出ていると思いました。私も天使を描きたいと思っていたので、描きますね。
今日のブログでも書きますが、絵の表現、自分は何が描きたいかということは、日々試行錯誤ですね。
今後共よろしくお願い致します(^^)
<< フジバカマと秋明菊 東京ミッドタウン >>