ラヴォー地区

ラヴォー地区はぶどう畑が続いている地区で、世界遺産にも登録されています。
太陽の光を受ける丘陵地帯で、レマン湖の太陽光の反射も相乗効果で、美味しいブドウが出来るのだそうです。スイスで流通され、消費されているので、輸出まで、なかなか回らないと、添乗員さんは説明されました。
快晴の中、散策しました。
ラヴォー地区_e0233674_12332964.jpg


上の景色に出会う前のこの地区の住宅街を写しました。
ラヴォー地区_e0233674_12344291.jpg


ラヴォー地区_e0233674_12351811.jpg


ラヴォー地区_e0233674_12354337.jpg


ラヴォー地区_e0233674_12362622.jpg


ラヴォー地区_e0233674_12364963.jpg


ラヴォー地区_e0233674_12371165.jpg

住宅街を抜けると、目の前にきらめく風景が広がっていました。
ラヴォー地区_e0233674_12405399.jpg

by natsumeakemi | 2012-10-10 12:45 | スイス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/19012565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ユリとバラのアレンジメント 日間賀島(水彩画) >>