ユトリロへのオマージュ

パリの街を描いたユトリロ、初めて彼の絵がいいと思ったのは、中学の美術の教科書に載っていた複製でした。
名古屋市美術館で、彼の油絵"ラパンアジール"を見た時、その絵の前で暫く佇んだことを今でも覚えています。

彼の油絵を水彩画に模写し、木炭で、樹木などを描きました。
e0233674_9392628.jpg

by natsumeakemi | 2012-06-29 09:42 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/18276464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パリの街角 庭のベンチ >>