ケルクアン(カルタゴ遺跡・チュニジア)

カルタゴは紀元前9世紀頃、フェニキア人がアフリカ北部の地中海沿岸に建設した都市国家です。
染料(古代紫)などの貿易で栄え、紀元前6世紀頃、地中海西部を制覇しました。
しかし、紀元前146年、ポエニ戦争でローマに敗れて滅亡しました。
カルタゴの残した建物の上に侵略者ローマが建物を立てましたが、
ケルクアンはローマによって再建されなかったため、唯一フェニキア遺跡が残っています。
このカルタゴ遺跡は1952年に発見されました。
1985年に世界遺産に登録されました。
e0233674_20355948.jpg

地中海が見えます。
e0233674_20361680.jpg

e0233674_20363123.jpg

e0233674_20364880.jpg

e0233674_2037213.jpg

e0233674_20371533.jpg

e0233674_20372987.jpg

e0233674_2037421.jpg

白、黄、オレンジの小さな花々が至る所に咲いていました。
これがいわゆるワイルドフラワーかしら。
by natsumeakemi | 2012-05-02 21:10 | チュニジア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/17904149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヴィヴィッドカラーのアレンジメント ワイルドフラワー(ブルーボネット) >>