198. ヨコハマトリエンナーレ2011

9月21日、真澄ちゃんと約束をしていたので、台風の中、横浜に行って来ました。
朝から、雨が降っていたので、トリエンナーレが開催されている横浜美術館に行くことにしました。

みなとみらい。
e0233674_16185915.jpg

存在感のあるスティールで作られたオブジェがありました。
e0233674_16193570.jpg

横浜美術館の正面にはずらりとユーモラスな彫像が並んでいました。
e0233674_16194924.jpg

トリエンナーレは現代美術が多く出品されていました。
開設のイヤホンが無料で、貸し出されていました。聞けば意味がよく分かったのでよかったです。

印象的だったのは横尾忠則作、黒いY字路18点とアストロタウン、濡れた街の計20点の油絵群。
広い空間の一室を使い、黒い絵が並んでいました。
そこに佇んでいると、そのブラックホールのような空間に引き込まれるような感覚がしました。

ミュージアムショップとレストランが、併設されていました。
e0233674_1620417.jpg

特別連携セット券というのを買ったので、バスで、違う会場にも行きました。
雨に濡れないので、いいですよ、と勧められた、‘新港ピア’という会場に行きました。
かなり雨脚が強くなっていましたが、取り敢えず、行くことにしました。
その中の展示物です。
e0233674_1621891.jpg

お芝居のリハーサルをしていたところを通りかかると、
「見て行ってください~」と言われたので、指示された中央の席に座って、見ました。
ミュージカル仕立てのCELEBRATIONという芝居でした。
演出家の人が突然、私の横に座って、「今の『僕』っていういい方、変じゃありません?」
と私に聞いて来ました。
「私に聞かれても・・・、でも、やっぱり、イントネーションが変ですかねぇ~」
とか、言って、一通り会話をして、彼が向こうに行きました。
演出家は誰かと、パンフレットを見たら、演出‘岡本健一’と書いてありました。
そう言えば見たことのある人だと思っていました。それで、一気にテンションが上がりました。

出演者の佐藤真希さん。
写真をブログにのせたいというと、笑顔で、「いいですよ」と言ってくださいました。
美しい方でした。
e0233674_16212326.jpg

7時半からの本公演を見たくなり、見ようかと相談していたら、
「ソーラーパネルが飛んだので、本館は閉館します!」
と係りの人が、告げ、台風の中、又、バスで、帰って行くと、JRは不通になっていました・・・
by natsumeakemi | 2011-09-27 17:18 | 神奈川県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/15614184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 199. 一枚の繪ギャラリー 197. あさりとトマトのイタ... >>