128. アフリカの女/50号の絵の下絵

‘何の絵を描くか’
‘何の絵を描きたいか’
この何を描くということが、私にとっては大問題で、日常生活をしていても、何を描くかということを考えています。
‘何を描くの?
‘何を描きたいの?’
と自問をして、テーマを絞り、今回はイタリアに関する題材がふんだんにあるのだから、それにすればいいのですが、
アフリカにしました。
アフリカに行ったことはなく、生涯行くかどうかは、分かりませんが、憧憬というのではありませんが、
自分の中にある原始の力が、揺り動かされる何かが、アフリカにあると思います。
私の敬愛する友人、野村さんが、愛した地、アフリカ。
彼女は、「ヨーロッパなんて、行きたくない」と言って、シリアなど、中近東を一通り回って、
エジプト、モロッコ、チュニジア、マダガスカルと、アフリカの魅力にはまっていました。
彼女が行きたかった南アフリカの地を踏むことなく、65才で、逝ってしまいました。
今でも彼女のことを思い出すと、涙が出て来ます。
彼女の憧れの地、アフリカをテーマとし、50号の作品を描こうと思います。
彼女もきっと、天国で、 
‘そうよ。ヨーロッパなんて、描いていてはだめ。アフリカよ’ って、
応援してくれているに違いありません。
いつか私も、彼女が憧れていた地、アフリカに行くことがあるのでしょうか。

「アフリカの女」
e0233674_17194543.jpg
アクリル(10号)
画面では茶色に見えている色はコパーブラウンで、アクリルならではの色です。実際には銅色の輝きがあります。

この絵と「水牛」(参照65.)を組み合わせて、描くことにして、だいたいをデッサンしました。
こういう感じで行こうと思います。
e0233674_172203.jpg
(51cmx36cm)4B鉛筆
by natsumeakemi | 2011-07-15 17:51 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/15119932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 129. アグリジェント2(シ... 127. アグリジェント(シチ... >>