114. 御嶽山

御嶽山を10年ほど前に登ったことがあります。
息子のスポーツ少年団の付き添いで行ったのです。
以前に描いた水彩画を見ていたら、出て来ました。
御嶽山に登って、スポ少の子の面倒を見て、スケッチを描くなんて、根性です。
自分でも感心というか、呆れてしまいました。
ドローイングコンテの茶でスケッチをして、透明水彩で彩色してあります。
このフランス製のコンテは描き心地がよく、茶なので、絵も柔らかくなって、気に入っていたのですが、今は、残念ながら、売っていません。茶、こげ茶、黒と持っていました。違うメーカーのフランス製の茶を買ったのですが、今イチ。どこかで、売っていればいいのですが…。
絵の後ろにコメントもあったので、そのまま載せます。
(3号の絵をスキャンしたので、上と下が、少し切れています)

マゼンタの高山植物、登山者が、「イワカガミ(岩鏡)」と教えてくれた。
ミツバチが飛んで来て、すかさずスケッチ、good timingだった。
かたい岩と植物、構図としては合っているか。
単調な緑の地塗りを複雑にするのは、思ったより、難しかった。
「高山植物・イワカガミ」
e0233674_20174964.jpg
(3号)

8合目あたりで一服し、スケッチブックを広げる。快晴。下にニノ池が反射し、雄大な景色に息をのむ。
「御嶽山」
e0233674_2022324.jpg
(3号)

山頂に着くと、足はもうガクガク。膝が笑うとはこういうことだろう。
柵を越えて、スケッチをする。眼下は切り立っていた。
高低の落差が出ていると、この絵は成功だと思う。
「滝王山頂より」
e0233674_20255887.jpg
(3号)

90度角度を変えると、そびえ立つ岩山が見える。
岩肌の荒々しさと、神々しい色彩がうまく出ない。
下界の家が、豆粒みたいだった。
「滝王山頂より」
e0233674_20285767.jpg
(3号)
by natsumeakemi | 2011-06-30 20:46 | 水彩・風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/15041216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 115. ノルマン王宮 113. パレルモ旧市街 >>