68. 平安神宮

 今年の2月からこのブログを始めて、アクセス解析で、2000名以上の方々に訪れていただきました。
 ありがとうございます。
 展覧会では実際に絵を見ていただけるので、もちろん、今後も、出品したいと思っていますが、限られた人数の方々にしか見ていただけません。
 ブログは大勢の方々に見ていただけるので、励みになります。
 これからも、絵を描いて、又、過去に描いた絵を含めて、発表して行きたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

 
三十三間堂から東福寺への観光コースに行きたかったのですが、友達にパウル・クレー展(5/15まで)が京都国立近代美術館で開催されているよと教えてもらったので、神宮丸太町駅から歩いて、平安神宮に行くことにしました。
平安神宮の鳥居です。奥に應天門が見えます。
京都国立近代美術館の前から、写しました。
e0233674_1391190.jpg

應天門(神門)です。
e0233674_13133511.jpg

中央が、大極殿。向かって左(西方)は、白虎楼、右(東方)は蒼龍楼。これらの楼は平安京朝堂院の様式を模したものです。これらの名称は、
「この京都が、四神(蒼龍・白虎・朱雀・玄武)相応の地」とされたことに因むものです。
e0233674_13243340.jpg

神苑は回遊式庭園になっています。
南神苑のぼたん。八重桜の花びらが地面を彩っていました。
e0233674_13271438.jpg

白虎池を中心とした西神苑です。
e0233674_13294237.jpg

鯉が寄ってきました。
e0233674_13314412.jpg

蒼龍池を中心とした中神苑です。
天正年間の三条・五条大橋の古石柱や梁を用いた沢飛び「臥龍橋」があります。
藤が苑内に何箇所も咲いていました。クマバチが飛んでいました。(画面左上)
e0233674_13372913.jpg

対岸から描いたスケッチです。
e0233674_13385912.jpg

東神苑です。
栖鳳池には京都御所から移築された泰平閣(橋殿)がかかっています。
亀島・鶴島があります。しだれ桜は時期的に散っていて、葉桜になっていました。
e0233674_13463531.jpg

尚美館(貴賓館)も京都御所から移築されました。
e0233674_13565814.jpg

by natsumeakemi | 2011-05-07 13:58 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://natsumeakm.exblog.jp/tb/14733891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 69. 宇治・三室戸寺 67. クラーク記念館 >>