今渕ケ岳

e0233674_20400820.jpg

e0233674_20400985.jpg

e0233674_20401071.jpg

一緒に行ったケイコさんです。
絵と登山の仲間です。
e0233674_20401150.jpg

e0233674_20401250.jpg

e0233674_20401396.jpg

e0233674_20401390.jpg

e0233674_20401481.jpg
















# by natsumeakemi | 2016-12-05 20:38 | 登山 | Trackback | Comments(0)

クリスマスリース2016

今年のひとつ目のクリスマスリースです。

e0233674_20384118.jpg

e0233674_20384207.jpg

紅葉した葉が乾燥して小さくなりましたので、取って、お友達に頂いた綿を付けました。
e0233674_16081474.jpg






























# by natsumeakemi | 2016-12-05 20:34 | リース | Trackback | Comments(0)

シックなブーケ

今日は中部太平洋展の最終日、幼なじみの和美ちゃんが来てくださいました〜
ブーケをプレゼントしてくださいました。
うれしかったです。
積もる話で2人で写真を撮るの忘れました〜
e0233674_18213057.jpg


e0233674_18213160.jpg



e0233674_18213257.jpg


昨日、シクラメンを買いました。
e0233674_18213328.jpg
















# by natsumeakemi | 2016-12-04 18:11 | フラワーアレンジメント | Trackback | Comments(0)

中部太平洋展

中部太平洋展が愛知県美術館ギャラリーで開催されています。
教会の方が来てくださいました。
会堂の玄関に飾られている絵を出品しました。

ピエタ



e0233674_18480879.jpg


せっかく、着物を1人で着れるようになったので、着付けを忘れないようにと、又、着ました。

それから、院展を友達と三人で観ました。



英文学会の時も着ました。
こないだオペラ、蝶々夫人を一緒に見に行った友達も着物を着てくださいました〜自分の姿を撮るの忘れました。
写真は講義の後のお茶会です。
辻裕子先生のミルトンの失楽園の講義でした。
英文学から、離れていたので、大いに刺激されました。
辻裕子先生は80歳を過ぎられているのに、ますますお元気で、講義内容も充実して、弁舌爽やかでした。
e0233674_18481095.jpg











# by natsumeakemi | 2016-12-02 18:39 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

秋バラのフラワーアレンジメント

庭の花を摘んで、アレンジしました。
声楽を習っている奥野靖子先生が、オペラ蝶々夫人で、(四日市市文化会館(11/5))スズキ役で出演されました。手作りのフラワーアレンジメントを持って行きたいと思い、作りました。

白バラ(アイスバーグ)、秋紫陽花(何故か、四季咲きのようにうちの紫陽花(墨田の花火)秋も一輪咲きました)、秋明菊、ゼラニウム、藤袴、ヒメツルソバ、チェリーセージ、ガラニティカ・セージ、アイビー、ローズマリー、ラベンダー、シダ類、野菊、キバナコスモス
e0233674_11043845.jpg

別の角度からも写真を撮りました。
e0233674_11043909.jpg

e0233674_11044046.jpg

e0233674_11044185.jpg

e0233674_11044138.jpg

e0233674_11044218.jpg

ラッピングして、
e0233674_11044350.jpg

リボンをかけて、プレゼントしました〜(^^)
e0233674_11044465.jpg

まず、大量に庭のお花を取ってアレンジして行きました。
e0233674_11044553.jpg

蝶々夫人のパンフレット
e0233674_17581463.jpg

e0233674_17581651.jpg

またまた、着物を着ました。せっかく着れるようになったから、機会があれば、これからは着物を着ます。
蝶々夫人役の伊藤安未さんと。
e0233674_17581652.jpg





























# by natsumeakemi | 2016-11-06 10:30 | フラワーアレンジメント | Trackback | Comments(0)