57. ミモザ

ミモザの水彩画がやっと仕上がりました。(21.バラとトルコキキョウ参照)
デッサンだけは早くにしておいたのですが・・・
透明水彩で描いてから、上からパステルとオイルパステル(クレパスのアーティスト用)で強調しました。
e0233674_948588.jpg

(8号)
# by natsumeakemi | 2011-04-26 09:53 | 水彩・花 | Trackback | Comments(0)

56. バラのアレンジメント

これはグワッシュで描いた作品です。
最初に画面いっぱいにバックを塗ってから、上から花を描いていきます。
実際はもっと淡い感じです。
e0233674_10213241.jpg

(6号)
今年のうちの庭の初バラです。
アイスバーグという種類です。
本当は真っ白なのですが、何故かうちのは少しピンクが入っています。
五月になるとバラの季節が来るので、今から楽しみです。
バラの絵も、順次、紹介します。
e0233674_1022531.jpg

これは原種のノイバラです。
黄色のバラを植えていたのですが、接ぎ木の元のノイバラが、勝って、繁栄してしまいました。
e0233674_10251753.jpg

アジュガです。(51.チューリップを参照)
e0233674_10322211.jpg

# by natsumeakemi | 2011-04-25 10:34 | 水彩・花 | Trackback | Comments(0)

55. 花ミズキ

今年も花ミズキが咲きました。
白の方がピンクより花数が多いです。
e0233674_1835413.jpg

ブルーベリーの花の向こうにピンクの花ミズキが満開です。
e0233674_186048.jpg

フリージャも咲きました。
e0233674_1882255.jpg

白とピンクの花ミズキとフリージャを活けました。
鉛筆であたりを付けて、透明水彩で彩色し、ドローリング用のアイボリーブラックでデッサンをしました。
写真ではドローイングの線が薄いですが、実際はもっとはっきりしています。
e0233674_18135733.jpg

(6号)
# by natsumeakemi | 2011-04-24 18:21 | 水彩・花 | Trackback | Comments(0)

54. 胡同(フートン)

北京の昔ながらの町並み、フートンを輪タクに乗って巡りました。
今や北京は近代的なビルが立ち並ぶ大都会ですが、再開発を免れたフートンが、まだ残されています。
これは現場でスケッチしたのをアトリエで仕上げました。
e0233674_20102738.jpg

e0233674_2012417.jpg
e0233674_20133916.jpg

e0233674_20141729.jpg

e0233674_2015491.jpg

e0233674_20154553.jpg

彼はずーっとその場で座り、思案していました。
e0233674_20163149.jpg

手前の人が、輪タクの運転手さんです。
e0233674_2017291.jpg

お宅に入れてもらい、中庭を撮影しました。
e0233674_2018525.jpg

W明美で記念撮影。向かって左側が、私です。緑色の袋には水彩道具が入っています。
e0233674_20211919.jpg

# by natsumeakemi | 2011-04-23 20:32 | 中国 | Trackback | Comments(0)

53. 故宮(紫禁城)

故宮は敷地面積72万㎡、建物面積16.3万㎡、建物980棟、部屋数約9000間を有します。
人形の皇帝と皇后がお出迎えしてくれました。
e0233674_21324882.jpg

午門。故宮の正門です。
e0233674_21345912.jpg

太和殿。とにかく広々とした空間にあり、存在感大です。
黄色は皇帝の色なので、瓦は黄色になっています。
e0233674_21381912.jpg

皇帝を表す竜の彫り物が至る所にありました。
e0233674_21411423.jpg

e0233674_2141332.jpg

太和殿両側の塗金された銅罐には兵士が剣で金メッキをはぎ取った跡が残っています。
ガイドの張さんの言うことには、獅子の中に金があるとのことです。この銅罐だけそうだそうです。
e0233674_21424719.jpg

太和殿から東側です。
e0233674_21541728.jpg

手前が中和殿で、奥が、保和殿です。
修復がしていないので、色が鮮やかではないですが、個人的にはこちらの色の方が好きです。
e0233674_21565330.jpg

保和殿の中を見ようとしている中国人観光客。
今度こそ中を見ようと根性(!?)を出して、前に行き、やっと中が見れました。
e0233674_2221117.jpg

乾清門。内廷の正門です。防火貯水用に銅罐がたくさん見られます。
e0233674_2292959.jpg
 
屋根の上には魔除けの神獣が。
e0233674_22142235.jpg

御花園は宮殿群の最北端にあります。
e0233674_22164387.jpg

御花園にある万春亭にレンギョウと桃の花が、彩りを添えています。
4Bの鉛筆でスケッチし、透明水彩で彩色しました。
e0233674_2021567.jpg

故宮の北側の神武門です。
e0233674_22191560.jpg

# by natsumeakemi | 2011-04-21 20:23 | 中国 | Trackback | Comments(0)