35. 赤と紺のランドセル

昨日(3/29)の朝刊に、「ランドセルを贈ろう」と題して、記事が載っていました。
e0233674_12552630.jpg

ブログを見たら、住所と氏名を明記して、手紙を新品のランドセルの中に入れて、NGOに送ると書いてありました。支援じゃなく入学祝として贈るとも。
昨日、水彩画をカードにして、その裏に手紙を書きました。
今日、セロファンに入っていたキティちゃんとドラゴンボールの下敷きに水彩画のカードを入れて、赤と紺のランドセルに、それぞれ入れて、NGOに送りました。

いちねんせいになるおとこのこへ
e0233674_13193847.jpg

いちねんせいになるおんなのこへ
e0233674_13171388.jpg

# by natsumeakemi | 2011-03-30 13:30 | 宮城県 | Trackback | Comments(0)

34. 青い敷物のある静物

この作品も初期の作品です。実家の二階の廊下に飾ってあります。
古い旅行鞄と時計は友達が持って来てくれました。
静物は余り描きません。私にとっては面白みに欠けるからでしょうか。
でも、物とじっくり向き合って、心行くまで描けるという点ではいいかもしれません。
静物は物の位置関係の取り方が難しいと思います。構図さえ決まれば後は描くだけです。

ガラスを通して写真を撮りました。
e0233674_14401840.jpg

(6号)
# by natsumeakemi | 2011-03-29 14:47 | 油彩・静物 | Trackback | Comments(0)

33. 雪景色

小学生の時、近くの画家木山先生に教えていただいたのが、私の絵の原点だと思います。
初めて油絵を描いたのは大学四年生の時です。
大丸の美術画廊の図録の一枚の絵を見て、これなら描けると思い、早速、油絵道具一式を買って、模写しました。
なんか、マンガみたいな動機ですね。
当時、友達に白いキャンバスのままの方が、売れるのに…って、よくからかわれました。
その図録からは、何枚か模写し、母なんか、「いい、いい」と言って、新築祝いに母の友人や親戚に贈ったりしていました。今から考えると赤面します。

この雪山の絵は、私のオリジナルという意味では、一作目です。
その頃、スキーによく行っていたので、雪山の美しさに魅了されて、描いたのでしょう。
いまだにこうして、実家に飾られているのは、両親ならでこそです。
私が、娘と息子が小さいときに描いた絵を大切にしているのと同じことだと思います。

ガラスを通して写真を撮りました。
e0233674_15472553.jpg

(6号)
# by natsumeakemi | 2011-03-28 16:03 | 油彩・風景 | Trackback | Comments(1)

32. 黄色のバラ

この作品は実家の廊下に飾ってあります。
実家には初期の作品が多数飾ってあって、それらの絵を見ると、その頃のことが、思い出されます。
e0233674_16335744.jpg

(3号)
# by natsumeakemi | 2011-03-26 16:45 | 油彩・花 | Trackback | Comments(0)

31. シンピジウム

毎年この時期になると家の蘭の花が咲くのですが、去年肥料をやるのを忘れたら、今年は黄色のが一本、ピンクのが、一輪だけ、花を付けました。大事に育てなくては、花は咲いてくれません。
以前描いた絵です。二枚、廊下に飾っています。(8号)
e0233674_1228521.jpg

e0233674_12291964.jpg

よでんさんちへ友達四人で、お邪魔しました。(12.京都、参照)
近くの自然豊かなところを案内してくれました。
豊明市の郊外ですが、菜の花、つくし・・・春です。
e0233674_12383590.jpg

e0233674_12381674.jpg

e0233674_1320291.jpg

# by natsumeakemi | 2011-03-24 13:30 | 水彩・花 | Trackback | Comments(0)