<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

光を浴びて(水彩・花)

昨日の庭の花のアレンジメント2を透明水彩で描きました。
光が当たっているように描けましたので、題名を「光を浴びて」にしました。


e0233674_185148100.jpg


(透明水彩・20.6X15.6)

途中の写真はありませんが、今日は描き方を書きます。
鉛筆の下描きはなく、いきなり筆で描いてあります。

1.右中央下の黄色のフリージャを描きます。
2.他の黄色のフリージャを描きます。
3.ブルーも最初、薄い色から描きます。
4.ピンクの花を描きます。薄いピンクのキンギョソウを描きます。
  紫と赤の小花なども描きます。茎、葉も描きます。
5.全体に描けたら、自然に乾かします。
6.今回はウルトラマリンブルーの花瓶にしました。
7.花瓶に、紫とトルコブルーを上から描き、立体的にします。
8.花瓶が弱いとしっかりしないので、シャープペンシルで鋭く花瓶の端に何回か、線を入れます。
  その時も立体的になるように、描きます。
9.乾いてから、背景を描きます。
10.背景の部分を水でぬらし、黄緑、ビリジャン、トルコブルー、黄色、イエローオーカーで、彩色します。
11.その時、花に色が入ってもいいので、素早く描きましょう。
12.中央右は紙の白のままで置いておきます。それによって、光が当たっているように、見えます。
13.全体的に見て、足らないところの花と葉、茎の色を重ねて行きます。
14.最後に花瓶付近の白を、ビリジャンとウルトラマリンブルーの混色で埋めて行きます。
   その時は縁取りをしたようにならないように、同じ調子の一色になるように、又、花に入らないように注意深く描きます。
15.マゼンタと紫の混色の花を強調するため、シャープペンシルで、形を上から描きます。その時、説明的にならないように、一部だけ描きます。
16. サインを紫(ミネラル・バイオレット)で描きます。
17.水張りをしていないので、厚口の水彩紙でも、波打ちます。厚い本を二冊、用意して、その間に、水彩紙を挟み、時間を置き、まっすぐに戻します。


筆で直接描くのは、という方は鉛筆で薄く、デッサンしてから描き、後で、余分な鉛筆の線は消して下さい。
by natsumeakemi | 2013-04-30 18:45 | 水彩・花 | Trackback | Comments(0)

庭の花のアレンジメント2

オアシスを使ったフラワーアレンジをしました。
e0233674_9572448.jpg

❁~フラワーアレンジメントの作り方~❁
1.先ず花器に合わせて、高さは花器の高さから2cm上にオアシスを切ります。
2.それをたっぷりの水につけ、給水させてから、花器(この場合はマグカップ)にオアシスを入れます。
3.カップから出たオアシスの部分の回りを面取りします。
4.パイナップルツリーを中央1本と、横から三方に3本挿します。
5.アジュガ、フリージャ、花の付いたローズマリー、ピンクのマーガレット、マゼンタのガザニア、スズラン、キンギョソウ、タイム、白バラ、チェリーセージ、ブルーベリーの花を高低を付けて、まんべんなく挿します。
テーブルの花の場合はすべての角度から、美しく見えるように、挿しますが、この場合はマグカップの取っ手が、右手になる方を正面として、そこから、一番きれいに見えるように活けました。又、オアシスが見えないように、花をギッチリ活けます。
6.フィカス・プミラを下に後方左右2本挿して、上の方に持って来て、動きを付けます。又、もう1本後ろに長めのも挿し、花器の回りをぐるっと巻きます。

花達のアップ。
e0233674_9425618.jpg

セロファンとリボンを付けて、プレゼントしました。
1.ピンクの和紙四角に切って、花器を真ん中に置き、輪ゴムで留めます。
2.セロファンも四角に切り、セロテープで形を見ながら、留めて行きます。
3.両端に輪を作ったリボンを一回結び、形を整えてリボンを作ります。
4.そのリボンを右端上にテープで付けます。
e0233674_951342.jpg

花材となった花達です。
e0233674_93674.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-29 10:03 | フラワーアレンジメント | Trackback | Comments(0)

オールドカイロ

エジプト旅行の続きです。
カイロ発祥の地、オールドカイロに行きました。
オールドカイロの路地を歩いて行きました。
ガイドのゴマちゃんは知り合いに会うごとに挨拶をしていました。
e0233674_2112563.jpg

土産物屋さんの商品が並んでいました。
e0233674_2112466.jpg

この辺りはイスラエルから聖家族が、エジプトへ避難されて身を寄せた地。
教会が集まっていることが伺えます。
e0233674_21191054.jpg

聖セルジウス教会。
教会のある場所は聖家族(イエス様、マリア様、ヨセフ)が避難した時に過ごした洞窟があったと言われています。
5世紀にその洞窟の上に建てられ、何度も焼失しました。現在の建物は12世紀のもの。
聖家族が過ごした洞窟は翼廊の中央部分の下にあったと言われています。
教会内での撮影は禁止です。

イエス様がベツレヘムの馬小屋でお生まれになり、エジプトへ避難する話は、新約聖書のマタイによる福音書2章に書いてあります。
あらすじは、イエス様はユダヤ人の王としてお生まれになったと占星術の学者に言われたので、時の王ヘロデが、不安がり、イエス様を、殺そうとしました。
主の天使が夢で、ヨセフに、その事を伝え、エジプトに逃げ、いいと言うまでエジプトにとどまりなさいと言われたので、すぐに、聖家族3人はエジプトへ行きました。

聖家族の逃避先が、この地だったとは。
e0233674_2122416.jpg

e0233674_2122575.jpg

ハンギングチャーチ。(ここは行っていませんが、参考にと思い、写真を2枚DVDからupしました)
e0233674_21302254.jpg

聖家族のモザイク画です。
e0233674_21303497.jpg

ベン・エズラ・シナゴークにも入りました。内部は撮影禁止です。
e0233674_21515393.jpg

聖ジョージ教会(ギリシャ正教会ということで、ギリシャの国旗が掲げてあります)。
聖家族が身を寄せた場所に建てられています。
e0233674_21563832.jpg

地下にある礼拝堂。
e0233674_2212615.jpg

地下にあり、薄暗く、素朴で、古いので、厳粛さが漂っていました。
人が2,3人しか入れないくらい狭い礼拝堂でした。
この地で過ごされたのかと感慨深いものがありました。
e0233674_2213954.jpg

一階に飾ってあった聖母子像です。
e0233674_22834.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-28 22:15 | エジプト | Trackback | Comments(0)

お庭の花のアレンジメント

昨日、紹介したアレンジの他にも活けました。
パイナップルツリー、フリージャ、ピンクの花ミズキ、シダもアレンジしました~
玄関は華やかになりました^^
e0233674_10321548.jpg

収穫したお庭の花達の咲いていた様子です。
黄色のガザニア。
後ろのオレンジのポピーは友達にもらった芥子粒の種を蒔いたら咲きました~
庭の至る所に出没しています。
菊の苗(苗と言っても、花が終わって根元から切ったら勝手に春には生えて来ます)も順調に育っています。
e0233674_1034295.jpg

塀に沿って、小さなお花達が咲いています。
e0233674_10343117.jpg

毎年、この時期に咲くスズラン。
e0233674_1038764.jpg

庭のツバキが落花しそうだったので、鉢に浮かべて、食卓を彩りました。
e0233674_10365654.jpg

ノイバラがすごく大きくなって、剪定をした蕾の付いていない枝と、チェリーセージを挿しました。
そのまま捨てるのは可哀そうですものね。
e0233674_10171489.jpg

今年もクレマチスが咲き始めました。
枯れた枝をそのままにしていると芽吹くのですが、枯れたままの枝もあるので、ある程度は剪定をしなくてはいけないのかしら。花をきれいに咲かせるのはやはり難しいですね。
e0233674_10385078.jpg

ブルーベリーの花に、どこから来るのか、ミツバチが10匹以上羽音をブーンとふるわせ、来ていました。
結実させる為に、筆で、受粉されている農家をテレビで見たことがあります。それで、私も受粉させる為に花を揺らしたりしていました。ミツバチが蜜を採っている時に受粉してくれてるなんて、最高ですね!
e0233674_1039614.jpg

クレマチスとブルーベリーの花を挿しました。
花器は有田焼深川製。違った三種類の柄の壺の細密画が施されています。
美春さんちで使われていて、褒めたら、2個しかないのに1個下さいました。もちろん、遠慮したのですよ!
教室の皆さんによくしてもらっています。
e0233674_10395917.jpg

玄関の様子。左にある茂っている葉は剪定した桜の枝。
e0233674_10401047.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-27 11:18 | フラワーアレンジメント | Trackback | Comments(2)

春の花(水彩画)

新生活シーズン!この春ほしいもの&何か始めてみたいこと!

この春ほしいもの、やはり一眼レフのデジカメでしょうか。だいぶ前から考えていますが、なかなか買えません。
カメラさえあればいい写真が撮れると言う訳ではないことは、よく分かっていますが、
一眼レフで取られた写真を見ると、あぁ、やっぱりね~と、思ってしまいます。
最近、アンサンブルシオンに入って、コーラスを始めたばかりですが、歌っている様子をiPadで撮影してもらい、それをYouTubeに投稿して、ブログにupしたいと、密かに思っています。しかし、今のところ、コンサートがないので実現はまだまだ先だと思いますが…手始めに、花の動画をYouTubeに投稿して、それをupしてもいいですね~^^
私が若い時とは全く違う世界になってしまったような気がします。色々技術が発達して来て、いろんなことが発信できる時代になって来ました。わざわざ展覧会に足を運んでいただかなくても、このブログを書くことによって、皆さんに私の絵も見ていただけるのですものね。

今日はこないだ描いた水彩画を紹介します。
「春の花」
(透明水彩・3号)
e0233674_10152282.jpg

お庭の花をアレンジしたのが可愛かったので、急きょ描きました~
ガーベラ、白バラ、ガザニア、フリージャ、チェリーセージ、スズラン、アジュガ、キンギョソウ、斑入りのタイム、シダ類をアレンジしました。
e0233674_10203885.jpg

勢いで油絵の下描きもしました~完成したら、又、紹介しますね。
e0233674_10153399.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-26 10:54 | 水彩・花 | Trackback | Comments(0)

アブ・シンベル小神殿

昨日はアブ・シンベル大神殿を紹介しました。
今日はラムセス2世が王妃ネフェルタリのために、ハトホル神に捧げて建築したアブ・シンベル小神殿をupします。
神殿の正面です。
e0233674_20391694.jpg

ハトホル神のレリーフの柱が見られます。
e0233674_20395299.jpg

ハトホル神は愛と美の女神で、テーベ西岸の守護神です。
耳は牛の耳になっています。
e0233674_2040841.jpg

日輪を頭に付けた牝牛の姿のハトホル神にパピルスを捧げる王妃ネフェルタリを描いた壁画。
e0233674_20401875.jpg

ハトホル神とイシス神から祝福を受けているネフェルタリ。
e0233674_20402914.jpg

女性の姿のハトホル神に捧げ物をするネフェルタリ。
e0233674_20414642.jpg

右の端に少し至聖所が見えます。
e0233674_20404939.jpg

奥に至聖所が見えています。
e0233674_20571614.jpg

ハトホル神を祀った至聖所です。
e0233674_20412220.jpg

ライトアップされた小神殿。
e0233674_20422083.jpg

ライトアップされた大神殿。
見ていませんが、幻想的ですね。
e0233674_20425182.jpg

DVDの中にナセル湖に沈んでいる神殿と現在の神殿の様子の模型の写真がありました。
e0233674_2043723.jpg

ここから私が写した写真です。
アブ・シンベル神殿を後にしました。
e0233674_20463863.jpg

変わった植物がみられました。
e0233674_2047743.jpg

バスから見た蜃気楼です。
砂山が水に浮かんでいるように見えますが、もちろん、実際には水はありません。
e0233674_20475378.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-25 21:25 | エジプト | Trackback | Comments(0)

アブ・シンベル神殿2

アブ・シンベル神殿はもちろん世界遺産に登録されています。
というか、世界遺産が出来るきっかけになっています。
アスワン・ハイダムの建設に伴う水没から神殿を救おうと、ユネスコが主導して、移築が実現したことから、歴史的価値のある遺跡や建造物を開発から守ろうと、世界遺産条約に発展しました。

内部は撮影禁止でしたので、購入したDVDから紹介します。
カデッシュの戦いの作戦会議の様子のレリーフ。
e0233674_1735143.jpg

カデッシュ(現在のシリア)でのヒッタイトとの戦いで戦車に乗るラムセス2世のレリーフ。
馬の脚が何本も描かれていますが、早く走っている様子を強調して描かれたようです。
すべての壁面に巨大なレリーフが施されていました。
e0233674_17384162.jpg

オシリス神の姿をした高さ10mのラムセス2世の立像(8体)が立ち並んでいる大列柱室を通りました。
e0233674_17394932.jpg

ラムセス2世のオシリス立像と天井にまでレリーフが。
e0233674_17461053.jpg

前室の前室のレリーフ。
ホルス神とセト神から祝福を受けるラムセス2世。
e0233674_18122865.jpg

前室を通って、
e0233674_1751122.jpg

至聖所は4体の神像が並んでいます。
右から、太陽神のラー・ホルアクティ、神格化されたラムセス2世、王の守護神アメン・ラー、来世の神〈闇の神)プタハ。
朝日が入口から63mある至聖所光が差し込んで、右側3体に光があたります。闇の神であるプタハには当たりません。
その日は2月20日と10月20日。しかし、移築してからは2月22日と10月22日に、どうしても、20日にはならなかったらしいです。当時の技術(1964~68)を持ってしても、3300年前の技術に及ばなかったと、カイロ大学考古学科卒業のガイド、ゴマちゃんは説明されました。
春分の日と秋分の日と言ってましたが、日本の暦と違うのですかね。
e0233674_185172.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-24 18:22 | エジプト | Trackback | Comments(0)

アブ・シンベル神殿

ラムセス2世は古代エジプト新王国時代第19王朝のファラオです。
カルナック神殿やルクソール神殿も建造して、それはブログでも紹介しました。アブ・シンベル神殿もナイルの果てに建造しました。
アブ・シンベル神殿は砂に埋もれかけていたのをスイスの探検家ブルハルトによって1813年に発見されました。
アスワンハイダムの建設により、神殿が水没する危機から、ユネスコが救済しました。
1964年~68年にかけて工事が行われました。
岩山の中に大ドームを造り、その中に神殿が収められています。空洞に入る入口。ここは閉鎖されています。
e0233674_1844932.jpg

前方はナセル湖。この中に沈む運命の神殿を60m上に移築されました。
e0233674_1811467.jpg

神殿を左に歩いて行きました。
e0233674_18113636.jpg

アブ・シンベル神殿です。
人間の大きさから4体のラムセス2世像が巨大なのが分かります。
巨像の上に、日の出を喜ぶ22体のヒヒ像が並んでいます。
e0233674_18125187.jpg

隣に王妃ネフェルタリの為にアブ・シンベル小神殿を建造しました。
e0233674_18342825.jpg


ここからは購入したDVDからの映像です。
中央上にホルス神像が見えます。
ラムセス2世の足元に王妃ネフェルタリ像がありました。
e0233674_18232272.jpg

入口の側面の"上下エジプト統一のレリーフ"です。
e0233674_18413325.jpg

神殿があった位置(ナセル湖の中)と現在の位置が地図で示されています。
e0233674_1824038.jpg

上空から写したアブ・シンベル神殿。
e0233674_18383431.jpg

内部は明日、紹介します。
by natsumeakemi | 2013-04-23 18:54 | エジプト | Trackback | Comments(0)

アスワンハイダム sanpo

中央に見える建造物、イシス(フィラエ)神殿がアスワンハイダム建築のため、水没する運命にあったので、フィラエ島から隣のアギルキア島に移転が行われました。(1980年に完了)
e0233674_21444863.jpg

e0233674_21451446.jpg

アスワンハイダムからの眺め。
北側はナイル川。
e0233674_2173187.jpg

南側の広大なナセル湖。
e0233674_2182151.jpg

e0233674_2183777.jpg

砂漠の中の水路。
e0233674_2195914.jpg

延々と砂漠をバスで走りました。
ピラミッドみたいだけど、自然に作られた山だそうです。
e0233674_21153658.jpg

e0233674_21151975.jpg

ヌビア人の集落です。
e0233674_21114943.jpg

e0233674_2112137.jpg

お土産屋さんを通って、いよいよアブ・シンベル神殿です。
e0233674_2120462.jpg

明日紹介します。
by natsumeakemi | 2013-04-22 21:31 | エジプト | Trackback | Comments(0)

ハーブティー

お庭のハーブを使ってハーブティーを作りました。
ミントは食欲増進、消化吸収促進、ローズマリーの香りは記憶能力を向上させ、沈んだ気持ちを盛り上げてくれる、セージは喉の調子がよくなる、レモンバームは脳の活性化、若返りによい、のだそうです。
e0233674_1639162.jpg

ハーブを洗い、葉っぱとローズマリーの花を適量入れ、熱湯を注ぎます。
e0233674_16464227.jpg

ラップで蓋をして、2~3分置きます。
e0233674_16481122.jpg

茶こしでこして、はちみつを好みで入れ、ミントの葉を浮かべます。
e0233674_16512997.jpg

お庭でいただきました。
e0233674_16514093.jpg

ミント。
e0233674_16522783.jpg

ローズマリー。
e0233674_1713198.jpg

セージ。
e0233674_16534544.jpg

レモンバーム。
e0233674_1654873.jpg


庭の様子。
花ミズキはまだまだきれいです。
同志社女子大学の栄光館の横に大きな花ミズキが植わっていました。
家の庭に植えたいと当時(かなり前のことですが)、思ったのが今、実際にお庭を彩ってくれています~^^
e0233674_1763525.jpg

黄色の花菖蒲。
e0233674_1771439.jpg

ブルーのパイナップルリリー。
e0233674_1743975.jpg

アジュガと植えていないのに生えて来たレッドロビンの木。
e0233674_16583132.jpg

サクランボ。まだ青いですがたくさんなっています。
赤くなり、もうすぐ収穫だと思っているうちに、いつもヒヨドリに先に食べられてしまいます~
e0233674_1754183.jpg

by natsumeakemi | 2013-04-21 17:16 | 料理 | Trackback | Comments(0)