<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

51.庭の梅

庭の梅が咲きました。
今年は少し遅いです。

e0233674_14262824.jpg

by natsumeakemi | 2012-02-29 14:21 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

50.伊良湖2

朝、早く友達に起こされて、日の出を見ました。
e0233674_2341715.jpg

e0233674_2343843.jpg

菜の花が満開でした。
e0233674_2345641.jpg

今年は少し遅いのだそうです。
e0233674_2351172.jpg

ブロッコリー畑。あと、キャベツ畑も続いて、収穫時期でした。
e0233674_2352869.jpg

味噌田楽の発祥の地、豊橋でのランチ。
岡崎が赤味噌の生産地だからだそうです。
e0233674_2354017.jpg

スケッチもしましたが、明日upしますね。
by natsumeakemi | 2012-02-28 23:13 | 愛知県 | Trackback | Comments(0)

49.伊良湖

絵の友達、よでんさん、清美さん、せっちゃんらと渥美半島の先端、伊良湖岬に行って来ました。
ビューホテルの屋上からの眺めはきれいでしたが、強風で、吹き飛ばされそうで、寒かったです。
三島由紀夫著「潮騒」の舞台になった神島が見えます。
e0233674_22183329.jpg

ホテルのチャペルと神島。
e0233674_22191390.jpg

森の向こうに電照菊のビニールハウスが並んでいました。
e0233674_22193251.jpg

by natsumeakemi | 2012-02-27 22:23 | 愛知県 | Trackback | Comments(0)

48.ひな祭りのアレンジメント

もうすぐひな祭りですね。
さすがに冬の季節、うちの庭にも花が咲いていませんし、
庭にお花が咲いたと、友達も持って来てくれないので、買いました。
ひな祭り用に菜の花とか買いたかったのですが、いいのがなかったので、桃の花、
後はピンクのオリエンタルリリーと白バラを買いました。
切ってから、2週間もたつのに、シンピジウムは枯れていなく、満開の状態だったので、一緒に活けました。
立てかけてあるタイルは鳩の模様が気に入って、丸いオリーブの木のモザイクも
チュニジアで買ったものです。
e0233674_20575751.jpg


余りにも玄関が寂しかったので、斑入りのミニバラ、レウィシア、白い小さな花のヘリプテラム(花かんざし)3鉢買って、置きました。
少しの花でも春めきます(^^)
e0233674_2173764.jpg


ダリアの水彩画をもう一度見直し、描き直しました。
中央左のダリアをしっかり描くことにより、絵の密度が上ったと思います。
又、カーネーションが3輪同じ色で並んでいたので、微妙に色を変え、蘭も写実的に描きました。
e0233674_21394581.jpg

結果、より立体的になりました。
一定の時間をおいて、絵を見直すことは大切だと思います。
by natsumeakemi | 2012-02-25 22:21 | フラワーアレンジメント | Trackback | Comments(0)

47.ドゥーズ

ドゥーズの町並みをバスから写しました。
e0233674_2183541.jpg

やはり、カフェでは男の人達が。
e0233674_2173170.jpg

屋根にはパラボラアンテナが設置されていました。
チュニジアでも韓流ブームで、韓国の歌手が人気だそうです。
中国のドラマもよく放送されるのだそうですが、日本のドラマはあまり、放送されないそうです。
日本のドラマや歌も頑張って欲しいですね。
e0233674_2161195.jpg

3台立て続けにISUZUのトラック(ブルー・白・赤)が・・・
リビアは日本車が比較的多いのだそうですが、
チュニジアは独車と仏車が主流と添乗員さんはおっしゃっていました。
e0233674_21154774.jpg

e0233674_21164492.jpg

携帯ショップ。
e0233674_21165939.jpg

薬局。
看板のマークが蛇。何か、意味があるのでしょうね。
e0233674_21262921.jpg

八百屋さん。
野菜や果物がうず高く並べてあります。
e0233674_21304969.jpg

銀行。隣は自動車修理工場かな?
e0233674_21323427.jpg

独立広場にある町のシンボルです。(チュニジアは1956年に仏から独立)
e0233674_21333371.jpg

お掃除していました。
e0233674_21391085.jpg

イスラム寺院です。
e0233674_2139346.jpg

壁にレリーフが飾ってありました。
e0233674_21402712.jpg

またまた、砂漠をひたすら走り・・・
e0233674_2143476.jpg

e0233674_2144360.jpg

e0233674_21441514.jpg

e0233674_21442916.jpg

小さな町で休憩しました。
e0233674_21453394.jpg

e0233674_21455135.jpg

アーモンド入りのミントティーを飲みました。
甘くておいしかったです。
e0233674_21561687.jpg

ジェルバ島(地中海に浮かぶチュニジア最大のリゾート地。ヨーロッパの人達には人気が高い)の高校生達。
とっても、フレンドリーでした。
e0233674_2148157.jpg


冬のお出かけ&ウィンタースポーツ体験
by natsumeakemi | 2012-02-24 22:12 | チュニジア | Trackback | Comments(0)

46.ラクダ騎乗(ドゥーズ・チュニジア)

ホテルの前の建物をスケッチしました。
e0233674_211687.jpg
(2号・透明水彩)

e0233674_21183439.jpg

泊まったホテルメハリ。
e0233674_21195710.jpg

リゾートホテルでした。
e0233674_2122816.jpg

e0233674_21233985.jpg

紫の実を付けたサボテン。
手前にはたびたび出て来る塩の結晶、砂漠のバラのオブジェ。
e0233674_21232665.jpg

このプールで欧米人が泳いでいました。
かなり、寒かったのですが、何故?
e0233674_21224730.jpg

実をたわわに付けていました。
e0233674_21213958.jpg

すずめがいました。
e0233674_2129970.jpg


ラクダの騎乗の場所で民族衣装を借りました。
e0233674_21253468.jpg

この子たちにラクダを引いてもらいました。
背の高い男の子は非常にハンサムでした。
覆面を取ってもらって、写真を写したらよかった~
e0233674_21275192.jpg

アラビア語で名前を書いてくれました。
上から、明美、弘美。
e0233674_21272146.jpg

馬に乗ったおじさんが彼方からやって来ました。
e0233674_2128733.jpg

タラ~。
このおじさんに馬に乗せてもらいました。
ラクダとは違い、かなり早かったです。
e0233674_21281915.jpg

砂漠に日が落ちて行きました。
朝日から夕日まで、長い一日でした。
e0233674_21384777.jpg

日が沈んであたりは暗くなりました。(ラクダ乗り場の建物)
e0233674_21283931.jpg

夕食。ホテルのレストランで、女の人が、ナンのようなパンを焼いて下さいました。
美味しかったです。
e0233674_21285380.jpg

by natsumeakemi | 2012-02-23 21:52 | チュニジア | Trackback | Comments(0)

45.塩湖(チュニジア)

ショット・エル・ジェリド。
ショットとは塩の層で覆われた湖のことで、チュニジアの南部にはいくつかありますが、
このショット・エル・ジェラルドが広さ5000km²もあります。
前日にも通って、次の町、ドゥーズに行く時も通って(往復同じ道を通って)、
バスを下車して、写真を写しました。
スケッチもしましたのでupします。
e0233674_21151020.jpg
(水彩紙2号・透明水彩)

e0233674_212572.jpg
(クロッキー用紙3号・透明水彩)

e0233674_2125011.jpg
(クロッキー用紙3号・クロッキー用シャープペンシル4B)

塩の塊が見られます。
e0233674_217370.jpg
e0233674_2153824.jpg

e0233674_2192530.jpg

反対側も写しました。
e0233674_2195966.jpg

e0233674_21101421.jpg



冬のお出かけ&ウィンタースポーツ体験
by natsumeakemi | 2012-02-22 21:19 | チュニジア | Trackback | Comments(0)

44.トズールのレストラン(チュニジア)

昼食をトズールに帰って取りました。
立派な門でした。
この地方(ジェリド地方)特有の砂と粘土を混ぜ合わせて作った日干しレンガを 
幾何学模様に重ね合わせた建築様式がみられます。
e0233674_1334523.jpg

横にローマ字で店名が併記されていました。(でも、読めない(><))
e0233674_13593938.jpg

レストランの入り口。
e0233674_13585625.jpg

店内の様子。
遊牧民スタイルとでもいいましょうか。
e0233674_13425011.jpg

お料理は羊の煮込み料理とかが、出ました。
ちょっとお疲れの顔をしていますね~
青のペンダントはサハラ砂漠の日の出の時に物売りのおじさんから買ったものです。
e0233674_13474769.jpg

レストランの敷地内の庭園。
ハイビスカスが咲いていました。
e0233674_13564382.jpg

ブーゲンビリアも。
e0233674_1357284.jpg

ナツメヤシも当然のように、植林されていました。
e0233674_13581944.jpg

レストラン周辺の町並み。
e0233674_1462434.jpg

e0233674_1464046.jpg

日干しレンガの幾何学模様が、町のカフェにも見られます。
e0233674_1465551.jpg

眼鏡店などが入っていたビル。
e0233674_1412079.jpg

e0233674_14124038.jpg

警察署も、日干しレンガの幾何学模様の建築様式でたてられていました。
e0233674_1414236.jpg

by natsumeakemi | 2012-02-21 14:20 | チュニジア | Trackback | Comments(0)

43.タメルザ・ミデス(チュニジア・オアシス)

タメルザは映画「イングリッシュ・ペイシェント」の幻想的なシーンがここで撮影されました。
アルジェリアの国境近くのオアシスです。
滝がありました。
e0233674_2022599.jpg

e0233674_2023452.jpg

e0233674_20283778.jpg

e0233674_20234526.jpg

ミデスもアルジェリアの国境の村です。
ここも、上記の映画のイギリス人の患者が夢の中で砂漠をさまようシーンが撮影されたところです。
私も映画館で、この映画を見ましたが、涙を流す程、感動しましたが、少し前、テレビで放映されたたのを見た時、眠ってしまいました。その差は何でしょうね。やはり、劇場で見ないといけないということでしょうか。ストーリーはここでは省きますが、是非DVDを借りて、みていただきたい映画です。感動して涙するか、眠ってしまうか、責任持てませんが・・・

何とも形容の出来ない風景が広がっていました。
e0233674_20494548.jpg

e0233674_2037999.jpg

e0233674_20372723.jpg

こういう雄大な砂漠の光景が続くの中を4WDで走りました。
e0233674_20382816.jpg

冬のお出かけ&ウィンタースポーツ体験
by natsumeakemi | 2012-02-20 20:53 | チュニジア | Trackback | Comments(0)

42.シェビカ(砂漠のオアシス・チュニジア)

オアシスの中のカフェ。
ハイキングの後で、(ざくろジュースもザクロから絞って、飲ませてくれたのですが、ツアーの人に味見をさせてもらったら、渋い?でしたので)、私はありきたりですが、オレンジをジューサーで絞ったオレンジジュースを飲みました。
e0233674_2125489.jpg

e0233674_2182866.jpg

オアシスですから、ヤシが群生していました。
e0233674_21125344.jpg

シェビカの村は1969年の洪水で大被害に遭い、現在は別のところに新しい村が造られ、人々はそちらで暮らしています。
廃墟が残されていました。
e0233674_21134924.jpg

e0233674_21145776.jpg

e0233674_21151785.jpg

深い谷間。自然の雄大な姿が。
e0233674_21162486.jpg

何故かカモシカ?の彫刻が。
雲一つない紺碧の空。
e0233674_21163845.jpg

向こうに新しい村が見えます。
e0233674_21165348.jpg

e0233674_21185566.jpg

ここまで、登って、後は下りて行きました。
e0233674_21191178.jpg

貝殻の化石が。何億年も前の太古は海底だった証拠です。
e0233674_2119252.jpg

清流が流れていました。
e0233674_21293415.jpg

e0233674_21301140.jpg

e0233674_2130367.jpg


冬のお出かけ&ウィンタースポーツ体験
by natsumeakemi | 2012-02-19 21:44 | チュニジア | Trackback | Comments(0)