<   2011年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

269.清流園(二条城)

内堀に沿って歩きました。
e0233674_116711.jpg

e0233674_1164389.jpg

内堀の北西です。
e0233674_1181257.jpg

e0233674_119556.jpg

e0233674_1193396.jpg

茶室和楽庵の入口です。
4時まででしたので、入れませんでした。
e0233674_11111727.jpg

香雲亭です。
e0233674_11161924.jpg

イチョウは少し黄色に色付いていました。
e0233674_11181231.jpg

北山杉です。
e0233674_11193455.jpg

e0233674_1123149.jpg

e0233674_11231898.jpg

北大手門です。
e0233674_11241655.jpg

e0233674_11243337.jpg

番所で人形と菊が、見送ってくれました。
e0233674_11245217.jpg

e0233674_11254635.jpg

東大手門の通用口から出ました。
e0233674_1125591.jpg

アートな秋&自分磨きの秋を楽しむなら?
by natsumeakemi | 2011-11-30 11:32 | 京都 | Trackback | Comments(0)

268.本丸御殿(二条城)

天守閣跡から本丸をスケッチしました。
e0233674_21443026.jpg

本丸櫓門です。
e0233674_21461278.jpg

本丸は相次ぐ火事で、焼失し、現代の建物は、京都御苑内にあった旧桂宮御殿を移築したものです。
e0233674_2154093.jpg

庭園は明治時代に作庭されたものです。
e0233674_2153469.jpg

e0233674_223785.jpg

e0233674_2232219.jpg

もみじが美しく紅葉していました。
e0233674_2234485.jpg

天守閣跡を上がりました。
e0233674_224255.jpg

左側に二条通の京の街が見えます。
e0233674_2241925.jpg

スケッチをした辺りです。
e0233674_2245951.jpg

仕切ってあった白壁の塀の近くにも、もみじの大木がありました。
e0233674_2253154.jpg

e0233674_2254528.jpg

斜めからも写しました。
e0233674_22115772.jpg

西橋から出ました。
e0233674_226236.jpg

アートな秋&自分磨きの秋を楽しむなら?
by natsumeakemi | 2011-11-29 22:26 | 京都 | Trackback | Comments(0)

267.二条城

二条城の生け垣はピラカンサの実がたくさんなっていました。
e0233674_17252297.jpg

黄色の実も。
e0233674_17265164.jpg

押小路通の南側に京都らしい町屋が立ち並んでいました。
e0233674_172997.jpg

東南隅櫓です。
e0233674_173028.jpg

東大手門です。
e0233674_17305981.jpg

唐門から入りました。
e0233674_17343554.jpg

二の丸御殿です。
e0233674_17355251.jpg

二の丸御殿の内部は写真撮影が禁止でした。
お庭は手入れが行き届き、もちろん、日本庭園になっていました。
e0233674_17453727.jpg

散策しましょう。
e0233674_17474050.jpg

日が陰って来ました。
e0233674_17483397.jpg

e0233674_17485370.jpg

e0233674_17492698.jpg

e0233674_17493956.jpg

立命館大学に通っている学生さんです。
色々話をして、
明日、NPOが主催する鍋パーティーがあるので来て下さいと誘われました。
もうすでに、京都料理のお店を予約してもらっているので、残念でしたが、いけませんでした。
e0233674_17582972.jpg

北側から写しました。
e0233674_1822154.jpg

東橋と続く門です。
e0233674_183138.jpg

アートな秋&自分磨きの秋を楽しむなら?
by natsumeakemi | 2011-11-28 18:09 | 京都 | Trackback | Comments(0)

266.神泉苑

アートな秋&自分磨きの秋を楽しむなら?

押小路通を歩いていると南側に神泉苑があり、入ってみることにしました。
e0233674_2127791.jpg

アヒルがいました。
e0233674_2129482.jpg

錦鯉がたくさん集まって来ました。
e0233674_21333481.jpg

太鼓橋を渡りました。
e0233674_21365567.jpg

太鼓橋から写しました。
e0233674_2137826.jpg

池に紅葉した木々が映っていました。
e0233674_2137226.jpg

明日、護摩を焚くと、準備なさっていました。
e0233674_21405965.jpg
e0233674_21443570.jpg

説明書きがありました。
e0233674_21431299.jpg

e0233674_2151961.jpg

太鼓橋をスケッチしました。
e0233674_22122891.jpg

アヒルを親子が見ていました。
e0233674_21515535.jpg

着物を着ていらっしゃったので、写真を写させていただきました。
e0233674_21543163.jpg

瑠奈さんは京都の方で、よく着物を着て町を歩くのだそうです。
神泉苑は、京都のパワースポットの一つで、空海が雨乞いをしたお寺として有名で、
義経が静御前を見染めた所だと教えていただきました。

門の所でもポーズをとっていただきました。
e0233674_2205899.jpg

話が弾み、20分ぐらい話しこみました。
二条城に行くと言うと、4時に近かったので、
もう、行かなくっては、閉まりますよ。是非行って来て下さいとおっしゃったので、
神泉苑を後にしました。
by natsumeakemi | 2011-11-27 22:19 | 京都 | Trackback | Comments(0)

265.秋の京都

秋の京都に行って来ました。
新幹線から、田園風景をスケッチしました。
e0233674_1593879.jpg

新幹線から見る里山風景も美しかったです。
e0233674_15103595.jpg

東海道線の赤い鉄橋が架かっていました。
e0233674_15104695.jpg

e0233674_15105512.jpg

貨物列車が通過していました。
e0233674_1511580.jpg

NHKで高雄にある西明寺の紅葉を中継していましたので、行きたかったのですが、
水彩画の教室が終わってから、出掛けたので、時間的に無理かなと思い、二条城に行くことにしました。

JR二条の駅構内にあるBOOM(ボーン)というお花屋さんを見て、入りたくなったので、
寄り道しました。
e0233674_15112212.jpg

店内の撮影許可をいただき、写真を写しました。
素敵なリースがたくさん飾ってありました。
e0233674_15113869.jpg

コニファーのリース。
e0233674_1515948.jpg

ポインセチアも。
e0233674_15152549.jpg

サンキラの実のリースも見られます。
e0233674_15153929.jpg

秋色紫陽花のドライフラワーも様々な色を取りそろえてありました。
e0233674_15155358.jpg

店内のリースを手掛け、講師もされている方(お名前を聞くのを忘れました)です。
e0233674_1516792.jpg

二条城へは押小路通を歩いて行きました。
通り沿いにある中京中の下校の時間と合いました。
e0233674_15161969.jpg

街路樹の紅葉もキレイです。
e0233674_15163676.jpg

by natsumeakemi | 2011-11-26 15:53 | 京都 | Trackback | Comments(0)

264.イカ墨のパスタ

ワインによく合う美味しい料理&レシピ

イタリアで買って来たイカ墨を練り込んだパスタを使って、スパゲティーを作りました。
ワインはドイツの白ワインをチョイス、というか、デパートで、試飲をして、おいしかったので、箱で送ってもらった甘口の度数の低い白ワインです。

e0233674_14421490.jpg


*材料(2人分)*

イカ墨のパスタ 200g
乾燥トマト   6個
ブルケッタ   大さじ3(トマトの粉末にイタリアンパセリなどが入っているもの)
ペペロンチーノ 大さじ2
オリーブオイル 適量
岩塩      適量
水       適量
ローズマリー  1枝


*作り方*

1.鍋にたっぷりの水を入れて、塩を入れ、沸騰したら、パスタを表示通りの時間でゆでます。
2.その間に、フライパンにオリーブオイルを入れて、材料を入れて、水を50ccぐらい入れます。
3.煮えたら火を止めます。
4.ゆであがったパスタをフライパンに入れて、岩塩で、味を調えます。
5.ローズマリーを添えます。

美味しかったのですが、乾燥トマトはとても辛く、トウガラシのようでした。
だから、辛いのが苦手な方は、1個でいいと思います。
by natsumeakemi | 2011-11-26 15:03 | 料理 | Trackback | Comments(0)

263.サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会

この教会はディオクレティアヌス帝の温浴室を改築して、16C半ばに建てられた教会です。
この地で殉教した多くのキリスト教徒の霊を慰めるため、法王ピウス4世の命を受け、
84歳のミケランジェロが設計しました。
e0233674_2221104.jpg

扉の彫刻です。
e0233674_22213544.jpg

e0233674_22214980.jpg

教会の中に入りました。
現代彫刻と伝統的な彫刻が、混在していました。
e0233674_22233884.jpg

e0233674_22423236.jpg

e0233674_22463812.jpg

教会内は光が溢れていました。
e0233674_22475540.jpg

祭壇は神秘的な雰囲気です。
e0233674_22515690.jpg

思案しています。
e0233674_22522636.jpg

e0233674_22532260.jpg

立派なパイプオルガンです。
e0233674_22535251.jpg

人の大きさから、天井の高さが分かります。
e0233674_22545691.jpg

e0233674_22565819.jpg

e0233674_22572224.jpg

e0233674_2258021.jpg

by natsumeakemi | 2011-11-25 06:00 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(0)

262.共和国広場(ローマ)

共和国広場の北西にあるサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会です。
e0233674_22111175.jpg

その教会の正面左の建物です。
e0233674_2213080.jpg

4人の妖精が摸されたナイアディの噴水です。
e0233674_22143941.jpg

警察官がいました。
e0233674_2215216.jpg

右側の建物の彫像です。
e0233674_2215533.jpg

by natsumeakemi | 2011-11-24 18:10 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(0)

261.ローマ

ローマ市内に入りました。
e0233674_21114829.jpg

街路樹もオレンジでおしゃれです。
e0233674_2111349.jpg

e0233674_2112093.jpg

イタリアの国旗とEUの旗が掲げてありました。
e0233674_21121470.jpg

e0233674_2112265.jpg

e0233674_2112382.jpg

ベランダの支えにも装飾がなされていて、細かい気配り。
e0233674_21125034.jpg

e0233674_2113254.jpg

e0233674_21131345.jpg

ビルのファサードのディテールに凝っています。
e0233674_21132879.jpg

e0233674_21134014.jpg

by natsumeakemi | 2011-11-23 18:10 | イタリア・シチリア島 | Trackback | Comments(0)

260.睡蓮

睡蓮の油絵と言えば、モネですが、同じジヴェルニーで、たびたび紹介しているJ.トレンツ・リャドも睡蓮の作品を多く描いています。
平松礼二画伯もモネガーデンの睡蓮の日本画で作品群を描かれています。
今秋の名古屋市美術館で開催された展覧会でも、たくさん出品なさっていました。

この作品は豊橋市総合動植物公園に行った時に、描いた作品を加筆したものです。
その公園内には、ジベルニーのモネ・ガーデンを模した一角があります。
写真の趣味になさっている鈴木さんと一緒に行って、彼女は写真を撮り、私は油絵を描きました。
殆ど人がいなかったので、キャンバスを出しても、恥ずかしくなかったです。
銅像はなかったのですが、画面を引き締めるために描きました。
e0233674_1824347.jpg
(8号)

この作品も高知県のモネ・ガーデンを模した庭の写真を元に描いた作品です。
最近、描き直しました。
e0233674_18274540.jpg
(8号)

去年の4月、ジベルニーのモネ・ガーデンをのんびり散策していた時にアイルランドの噴火を聞き、日本に帰れないので、延泊が決まりました。添乗員さんからは、「いつ帰れるか分かりません」と言われ、不安な気持ちになったのを覚えています。
せっかく、ジベルニーまで行って、花のお庭を堪能してスケッチまでしたのに、油絵は描いていません。
いつ油絵を描くのでしょうね~
by natsumeakemi | 2011-11-21 18:47 | 油彩・風景 | Trackback | Comments(2)