カテゴリ:ブルガリア( 7 )

メルニック(ブルガリア)(水彩画)

アテネに行く前日、サンダンスキから、20kmほどの南の山間にあるギリシャの国境に近いメルニックという小さな町に行きました。フランス人夫妻と乗り合いで行きました。

「メルニック」
e0233674_2131471.jpg
(チャコールペンシル・透明水彩・26X18cm)

その町の様子を写真で紹介します。
e0233674_21364735.jpg

e0233674_21365871.jpg

e0233674_21371042.jpg

e0233674_21372452.jpg

e0233674_21373690.jpg

e0233674_21374842.jpg

右手の木々に隠れているカフェで、お茶をしました。
e0233674_2138062.jpg

e0233674_21381377.jpg

小さな教会、聖アントニ教会がありました。
e0233674_21382575.jpg

メルニックから、東へ約10kmの所にロージェン修道院があるとのことでしたが、残念ながら行けませんでした。
by natsumeakemi | 2013-01-22 21:47 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

サンダンスキ(水彩画)3

サンダンスキのビザンツ時代の教会の遺跡でスケッチをしました。
e0233674_8472474.jpg

e0233674_1528255.jpg

e0233674_8441173.jpg

e0233674_8442231.jpg

この近くの考古学博物館はモザイクの床があり、見ごたえがありました。
サンダンスキのブルガリア正教会をスケッチしました。
e0233674_15195833.jpg

サンダンスキの郊外です。
e0233674_15235651.jpg

サンダンスキからアテネまで夜行バスを利用しました。
バス停がガソリンスタンドでして、待ち時間にそこからの風景をスケッチしました。
e0233674_15224989.jpg

e0233674_15253528.jpg

すべてハガキサイズで、チャコールペンシル又はペンに透明水彩で着色しました。
by natsumeakemi | 2013-01-21 15:30 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

サンダンスキ(水彩画)2

ブラゴエフグラッドから列車で、サンダンスキーに行きました。
途中、ブルガリア人の若者と一緒の席で、話が弾みました。写真はありませんが。

サンダンスキはピリン山脈の南にある療養地で温泉の町です。
サンダンスキ郊外を鉛筆でスケッチして水彩で描きました。
e0233674_20595831.jpg
(水彩・3号)
スケッチした場所の写真がありませんでした。
鳥を飼っている所の近くでスケッチしました。
e0233674_2173231.jpg

サンダンスキの町並みを紹介します。
e0233674_217076.jpg

宿泊したホテルの付近です。
e0233674_2110015.jpg

e0233674_211017100.jpg

e0233674_21115870.jpg

e0233674_21261082.jpg

by natsumeakemi | 2013-01-19 21:18 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

受胎告知教会(ブラゴエフグラッド・ブルガリア)

リア村から、バスと電車で、ブラゴエフグラッドとという町に行きました。
ビストリッツァ川沿いにヴァロシャ地区と呼ばれる修復された旧市街の町並みが広がっています。
そこに受胎告知教会もあります。
歩いていると見えて来ました。橋から写した写真です。
e0233674_14342639.jpg

e0233674_14344322.jpg

ちょうど、ミサが行われようとしていましたので、私も出席しました。
ブルガリア正教会はロシア正教会もそうだと思いますが、椅子がなく、立っての礼拝でした。
椅子は少しあるのですが、それはお年寄りが座っていらっしゃいました。中には多くの信者がいました。
ちょっと見えにくいですが、壁面はフレスコ画で飾られていました。
e0233674_14453644.jpg

教会の近くの民家です。
e0233674_14501481.jpg

レストランもありました。
e0233674_1451742.jpg

街の中心地もいい感じでした。
この辺りでお茶を飲みました。
e0233674_14521882.jpg

by natsumeakemi | 2013-01-16 14:57 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

リラの僧院(ブルガリア)

ソフィアから南約65km、ブルガリア正教の総本山というべき、リラの僧院へ、バスで行きました。
右側にあるのが、聖母誕生教会です。4階建ての外陣に囲まれて、敷地の中央に立っています。
e0233674_20155229.jpg

e0233674_20203797.jpg

フレスコ画が壁面を埋め尽くしていました。
天使がたくさん描かれていますね。
e0233674_20215744.jpg

外陣の回廊です。
外陣で宿泊もできます。
e0233674_20212317.jpg

一枚目の左奥に写っているフレリョの塔を上りました。
塔の窓からの眺め。
e0233674_2027290.jpg

深い森の中にリラの僧院があることが伺えます。
e0233674_20281357.jpg

イコンなどが展示されていました。
e0233674_20285939.jpg

e0233674_2194044.jpg

僧院の門を出るとレストランがあり、
e0233674_20304714.jpg

軽食をとりました。
e0233674_20312085.jpg

僧院の入口。
e0233674_2031444.jpg

呑気にしていたのですが、この後、土砂降りの雨が降りました~
by natsumeakemi | 2013-01-15 21:12 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

ブルガリア正教会

ネオ・ビザンツ様式のアレクサンダル・ネフスキー寺院に行きました。
ガイドブックによるとその様式の美の結晶ということです。
高さ60mの金色のドームを始め、12のドームがあるブルガリア最大のブルガリア正教会です。
なにげなく、又、よでんさんが写っています~^^
e0233674_1929435.jpg

入口は写っていませんが、ここから、中に入りました。
e0233674_19352111.jpg

e0233674_19383378.jpg

内部も豪華でふんだんに大理石を使い、モザイク画が金色に輝いていました。
e0233674_19375395.jpg

ろうそくが揺らめいて、モザイク画が浮かびあがっていました。
しかも、聖歌隊が階上で練習をしていて、天使の歌声を聴いているようで、敬虔な気持ちになりました。
e0233674_19394293.jpg

しかし、外に出ると、何の日だったのでしょうか。
たくさんの兵士たちが集まっていたので、現実に引き戻されました。
e0233674_19401530.jpg


ロシア正教会です。
聖ニコライ・ロシア教会。
ブルガリアとロシアは同じ正教会といえども、宗派が違うらしいです。
e0233674_19501492.jpg

金色のドームとエメラルドグリーンの尖塔が美しいです。
e0233674_19522364.jpg

聖ネデリャ教会。円屋根のブルガリア正教会です。
e0233674_195417100.jpg

バーニャ・バシ・ジャーミア。イスラム寺院です。
e0233674_19552253.jpg

by natsumeakemi | 2013-01-11 20:01 | ブルガリア | Trackback | Comments(0)

ソフィアの街並み(ブルガリア)

テサロニケからは国際列車に乗りました。
二等の切符を買ったのですが、外国人ということで一等のコンパートメントを二人で乗せてくれました。

かなり敷地は広いでしたが、殺風景なソフィア中央駅でした。
e0233674_1274155.jpg

しかし、トラムを10分程乗って中心市街地に入ると魅力的な建造物が建ち並んでいました。
e0233674_1212485.jpg

e0233674_12145092.jpg

e0233674_12161839.jpg

e0233674_1217916.jpg

一緒に行ったよでんさんが左に写っていました~^^
この旅は個人旅行で彼女にホントにお世話になりました。
右側の建物は旧共産党本部です。
ブルガリアは1989年11月に民主化を達成しています。
e0233674_12184379.jpg

右側の建物は大統領官邸。
e0233674_12191843.jpg

スヴェ・ネデリャ広場周辺は繁華街になっています。
e0233674_12201145.jpg

ここから、教会へ歩いて行きました。明日紹介します。

次の日です。
e0233674_12211415.jpg

セントラル・ハリ(中央市場)
この中のカフェで朝食を食べました。
e0233674_12241673.jpg

e0233674_12281071.jpg

e0233674_12282159.jpg

明日はソフィアの教会とそのモザイク画を紹介します。
by natsumeakemi | 2013-01-10 12:46 | ブルガリア | Trackback | Comments(2)