カテゴリ:アクリル画( 5 )

135. Fantasy

この絵は少女が、遊園地で、メリーゴーランドに乗って、そのまま、空へ飛んでいく夢の世界を表した作品です。
童話を描くのは想像力が必要で、難しいですが、子供達のために、描きました。
「Fantasy」
e0233674_19402514.jpg
(10号・アクリル画)

この作品はペンで描き、水彩とパステルで、描きました。
妖精たちの世界を想像して描きました。
「収穫」(10号)
e0233674_1946482.jpg

部分図です。
e0233674_19571320.jpg

by natsumeakemi | 2011-07-22 19:50 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

128. アフリカの女/50号の絵の下絵

‘何の絵を描くか’
‘何の絵を描きたいか’
この何を描くということが、私にとっては大問題で、日常生活をしていても、何を描くかということを考えています。
‘何を描くの?
‘何を描きたいの?’
と自問をして、テーマを絞り、今回はイタリアに関する題材がふんだんにあるのだから、それにすればいいのですが、
アフリカにしました。
アフリカに行ったことはなく、生涯行くかどうかは、分かりませんが、憧憬というのではありませんが、
自分の中にある原始の力が、揺り動かされる何かが、アフリカにあると思います。
私の敬愛する友人、野村さんが、愛した地、アフリカ。
彼女は、「ヨーロッパなんて、行きたくない」と言って、シリアなど、中近東を一通り回って、
エジプト、モロッコ、チュニジア、マダガスカルと、アフリカの魅力にはまっていました。
彼女が行きたかった南アフリカの地を踏むことなく、65才で、逝ってしまいました。
今でも彼女のことを思い出すと、涙が出て来ます。
彼女の憧れの地、アフリカをテーマとし、50号の作品を描こうと思います。
彼女もきっと、天国で、 
‘そうよ。ヨーロッパなんて、描いていてはだめ。アフリカよ’ って、
応援してくれているに違いありません。
いつか私も、彼女が憧れていた地、アフリカに行くことがあるのでしょうか。

「アフリカの女」
e0233674_17194543.jpg
アクリル(10号)
画面では茶色に見えている色はコパーブラウンで、アクリルならではの色です。実際には銅色の輝きがあります。

この絵と「水牛」(参照65.)を組み合わせて、描くことにして、だいたいをデッサンしました。
こういう感じで行こうと思います。
e0233674_172203.jpg
(51cmx36cm)4B鉛筆
by natsumeakemi | 2011-07-15 17:51 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

108.三輪のバラ

82.で紹介したTシャツに描いたバラが評判がよかったので、手芸屋さんに行って、
布専用のアクリル絵の具を買って来ました。
e0233674_974142.jpg

上の絵の具を使って、家にあった白いTシャツにバラを適当に描きました。
e0233674_985533.jpg

水彩と違いニュアンスが伝わりません。が、着て見ると、思ったよりもよかったです。
でも、一緒に買ったTextile Mediumを82.のTシャツに塗り、乾いてからアイロンをかけたところ、
洗濯しても色落ちしませんでした。
これからTシャツに、描くのだったら、透明水彩で描いた方がよさそうです。

今のうちの庭の様子です。
日陰の蕾だったアマリリスが咲いていました。
e0233674_917645.jpg

実家の庭の片隅に放置されていたアマリリスを地植えしました。来年、花が咲いてくれるかなあ~
e0233674_9211211.jpg

紫のクレマチスと一緒に咲かせようと植えたバラが、今頃、咲いています。
でも隣りに紫のセージが咲いたからよしとするか。
e0233674_9172366.jpg

ラベンダーです。もう一種類違う品種のも庭に植えてあります。
いつものミツバチちゃんかな?
e0233674_9231765.jpg

門扉の前の寄せ植え。
あまりキレイではないけど、世話のかからないものを植えるというのがモットーです。
ラベンダー、チェリーセージ、ゼラニウム、ローズマリーなど。
庭にあるものを寄せ集めて植えました。余りちゃんとしていないですが、根付くものですねぇ~。
e0233674_928035.jpg

玄関先の寄せ植え。これも手のかからないコリウス三種とガザニアが植えてあります。
最初、小さな苗だったのが、10日ぐらいで大きくなりました。
手前にあるピンクのブーゲンビリアは、イタリアでは至る所にブーゲンビリアが咲き誇っていたので、欲しくなり、
先日、花屋さんで買いました。優しいピンク色なので、気に入っています。
e0233674_952526.jpg

今年は花が少ないアジサイ。
e0233674_9291997.jpg

それでも墨田の花火はきれいに咲いてくれました。
e0233674_9335015.jpg


今年も梅酒をつくりました。
家の梅が豊作になった年からつくり始めたのですが、去年も今年もつくるだけの量はならなかったので、
青梅を買いました。
e0233674_9365951.jpg

ホワイトリカーで毎年つくっていたのですが、去年、果実酒用ブランデーというのを見つけ、今年もそれでつくりました。
右側のデキャンタには去年つくった梅酒が入っています。
e0233674_9394690.jpg


昨日もチェリーさんがお花と野菜を持って来て下さいました。
黄色の花はノコギリ草というのだそうです。
感謝です。
e0233674_10204074.jpg

テントウムシの幼虫から成虫になりかけの子がいました。
e0233674_1021473.jpg

by natsumeakemi | 2011-06-24 10:16 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

65. 水牛

花の絵が続いたので、突然唐突に、水牛を登場させました。
アクリルで描いたものです。
アクリルはアクリル用キャンバスか、水彩紙に描くのですが、これは水彩紙ワトソンで描いてあります。
ブログをアップするため、作品を見ていたら、アフリカの草原を駆ける水牛の絵が見つかりました。
いつ頃描いたのかは不明です。
たぶん習作で、さっと描いたものだと思います。
本絵にはない躍動感があると思います。
e0233674_7292619.jpg

(8号)
by natsumeakemi | 2011-05-04 07:33 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)

24. 黄昏

雑誌に載っていた写真を構成して描きました。
男女が夕焼けの海を見つめています。
写真は若い男女でしたが、私の絵は壮年の男女になってしまいました。その結果、象徴的な絵になったと思います。
二つの画面を組み合わせたので、つながりを持たせるために、家にあった貝殻を写実的に描きました。
下地に厚みが出るようにジェッソを使い、アクリルで描きました。
部分的に水彩とパステルが使ってあります。
e0233674_2227429.jpg

(40号)
by natsumeakemi | 2011-03-10 22:24 | アクリル画 | Trackback | Comments(0)