神戸の街角(透明水彩)

神戸に行った時に描いたスケッチを紹介します。
スケッチをして、絵がうまく行く時、私の場合は、近景、中景、遠景がある風景です。
神戸では4枚スケッチしました。
その中でこの絵が一番、近景、中景、遠景のはっきりしていた景色を描いた絵です。結果、奥行きが出て、絵としては一番面白くなったと思います。
この絵は現場でスケッチ用シャープペンシルでデッサンをして、色を塗りかけたのですが、時間が足りなかったので、途中まで彩色して、アトリエで仕上げました。

「神戸の街角」
e0233674_11571256.jpg
(2号・透明水彩)

その付近を写した写真です。
e0233674_11563034.jpg


八重桜が満開でしたので、その美しさに魅せられて、スケッチをしました。
この絵は散策中の一枚目でしたので、現場で、彩色も出来ました。
e0233674_11572191.jpg
(3号・透明水彩)

e0233674_115648100.jpg


神戸松蔭のキャンパスの新緑をスケッチしました。
e0233674_11574524.jpg
(2号・透明水彩)

e0233674_11585398.jpg


神戸松蔭チャペルのステンドグラスの光を表現しました。
e0233674_11573254.jpg
(2号・透明水彩)

e0233674_11582538.jpg


いずれもスケッチですので、短時間で仕上げています。
by natsumeakemi | 2013-04-18 12:22 | 水彩・風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://natsumeakm.exblog.jp/tb/20300192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たあ at 2013-04-19 07:35 x
早技でした!
Commented by natsumeakemi at 2013-04-19 20:01
スケッチ旅行ではなく、通常の旅行ですので、一緒に行った方を待たせてはいけないとなり、早く描きます~^^
<< ガーベラとバラ(水彩画) 母の家ベテル >>