74.ベルベル人の穴倉式住居(チュニジア)

ドイツ人経営の砂漠の中の博物館(茶色の建物)
e0233674_2122887.jpg

ベルベル人の穴倉式住居。
ベルベル人は北アフリカの先住民族で、外敵から身を守るために穴を掘って住居にしました(外から見てもよく分からない) 殆ど湿気がなく、夏涼しくて、冬は暖かいので住みやすいのだそうです。
e0233674_21342929.jpg

e0233674_21344123.jpg

e0233674_21345691.jpg

黒と白のこひつじがお出迎え。
e0233674_2135441.jpg

ロバに乗った少年が・・・
e0233674_21361688.jpg

パティナさん。
台所で、お茶をふるまって下さいました。
e0233674_2137124.jpg

他にも寝室とか貯蔵庫があって、掃除が行き届いて、絵と写真が飾られていました。
e0233674_21373174.jpg

石臼で、小麦を挽いていました。
e0233674_21542820.jpg

階段があって、上に登れました。
e0233674_2137465.jpg

上から見た後ろの様子。
e0233674_21375972.jpg

by natsumeakemi | 2012-03-25 21:59 | チュニジア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://natsumeakm.exblog.jp/tb/17604981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 75.マトマタ(チュニジア) 73.春のアレンジメント(水彩画) >>